[Husqvarna] WMX Rd.6 アレックス・ルピノ6位獲得

ハードパックにハイスピードで知られるフランスのセントジーンダンジェリーで開催されたWMX第6戦、ハスクバーナ モトクロス チーム by リッチレーシングからMX2クラス(TC250)に参戦している、#77 アレックス・ルピノが、ヒート2でシーズンベストの6位入賞し、ポイントスタンディングも8位へ浮上しました。

また、地元フランス人ライダーの#202 ロイック·ラリューもシーズンベストを記録、開幕前のケガから復帰した#590 ニック・トリエステも加わり、フルメンバーでヨーロッパラウンドを迎えています。

◆アレックス・ルピノ選手 コメント
予選から、好タイムが出ていたので今大会は自分自身に期待をしていましたが、ヒート1は、転倒でチャンス生かせませんでした。ヒート2は、まずまずのスタートから序盤で前に出る事ができ、シーズンベストとなる6位でフィニッシュすることができました。ポイントスタンディングでも8位に上がりましたが、さらに上を目指しベストを尽くします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る