[SUZUKI]JMX Rd.4 山本 鯨(IA2)がヒート1で今季3勝目をマーク。レディースクラスは邵洋子が2連勝!竹内優菜が初表彰台

2012MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOで開催された。IA2クラスに参戦するTeam SUZUKIの山本 鯨は、第1ヒート逆転で今季3勝目をマーク。第2ヒートは5位に甘んじたものの総合2位の成績を記録した。IA1クラスでは第1ヒートで小島庸平が、第2ヒートは熱田孝高が3位表彰台を獲得。小島は総合3位、熱田は総合4位の成績を残した。

IA1クラス、スタートで上位に付けた小島は4番手、熱田は5番手でオープニングラップをクリア。前戦中国大会の転倒で手を痛めていた熱田は後半ひとつポジションを落とすも、小島は4周目に平田 優(ホンダ)をパスし3番手に浮上すると確実にそのポジションをキープし3位でフィニッシュ。開幕戦九州大会の2位に次ぐ3位表彰台を獲得した。
第2ヒート、1周目3番手で戻ってきた熱田は激しい3位争いを制して3位表彰台を獲得。スタート1コーナーで他車と接触、大きく出遅れた小島は後方からの追い上げを強いられたものの、激しいバトルを繰り広げながら順位を上げ、熱田に続く4位でフィニッシュした。

IA2クラス、1周目4番手で戻ってきた山本は、3周目に一気に2台をパスし2番手に浮上すると、終盤、先行するライダーのミスを誘って逆転。トップに立った山本はそのままハイペースで逃げ切り今季3勝目をマークした。
第2ヒート、オープニングラップを5番手でクリアした山本は、2周目に4番手に順位を上げるも6周目再び5番手に後退。後続の追撃を受けながらも手堅くこのポジションをキープし5位でチェッカー。総合2位の成績を残した。

レディースクラスでは、前回中国大会で今季初優勝を飾ったSRFスポーツ&SHOレーシング美杉の邵洋子がスタートから飛び出し独走で2連勝を達成。
また邵と並んで好スタートを決めたSRFスポーツwith RED ZONEの竹内優菜が2位でフィニッシュし、自身初の表彰台登壇を果した。

◆コメント
◎熱田 孝高   第1レース 6位 第2レース 3位 総合 4位
「第3戦の転倒で左手の親指を痛めてしまい、後半は力が入らず予想通り厳しいレースとなった。第2ヒートはスムーズに走ることを心がけ、トップ2台からは離されたが3位争いのバトルに競り勝って表彰台を獲得することが出来た。最後は気合です。マシンも調子がいいし、次の北海道大会もベテランらしい走りを見せます。」

◎小島 庸平   第1レース 3位 第2レース 4位 総合 3位
「ヒート1は表彰台にこそ立てたが、前の二人に離されてしまったことが悔しい。ヒート2はスタートで接触し大きく出遅れたが、バイクのフィーリングも上がってしっかりと追い上げることが出来た。内容的には悪くないので、引き続き優勝を目指して取り組んでいく。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気の小・中排気量に注目が集まりました ホンダ、ヤマハと続き、今回はスズキの注目されたモト…
  2. ウィズミーは、来年の走行会・スクールのスケジュールを発表した。 耐久レースや気軽に楽し…
  3. ホンダは、2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東…
  4. ▲FXDRTM 114 参加無料の公道乗り比べ試乗会! ハーレーダビッドソン ジャパンは、1…
ページ上部へ戻る