Harley-Davidson、「ブレーキホース」の自主改善

リコール開始日:平成24年5月29日

【不具合の内容】
ディーラーオプションのステンレスメッシュ製ブレーキホースにおいて、ホース内側に使用されているチューブの材質が不適切であったため、よじれや曲げにより亀裂が入り、ブレーキフルードが漏れ、制動力が低下する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキが効かなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両確認後、該当のブレーキホースが取り付けられているものは対策品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・販売店から使用者へ直接連絡する。
・ハーレーダビッドソン ジャパン(株)のインターネットホームページに自主改善情報を掲載する。
・日整連発行の機関誌に掲載する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】



関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る