Harley-Davidson、「ブレーキホース」の自主改善

リコール開始日:平成24年5月29日

【不具合の内容】
ディーラーオプションのステンレスメッシュ製ブレーキホースにおいて、ホース内側に使用されているチューブの材質が不適切であったため、よじれや曲げにより亀裂が入り、ブレーキフルードが漏れ、制動力が低下する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキが効かなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両確認後、該当のブレーキホースが取り付けられているものは対策品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・販売店から使用者へ直接連絡する。
・ハーレーダビッドソン ジャパン(株)のインターネットホームページに自主改善情報を掲載する。
・日整連発行の機関誌に掲載する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】



関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る