[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 中本修平 現場レポート

vol.75 苦しい展開となったフランスGP決勝
第4戦フランスGPは、フリー走行でケーシー・ストーナーがトップタイム、予選でダニ・ペドロサが今季初PP、ストーナーが2番手という好結果でしたが、雨になった決勝レースでは、ストーナー3位、ペドロサ4位という結果に終わりました。ストーナーは、序盤にペースを上げられずホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)のリードを許します。レース中盤はペースを上げることに成功、その差を縮めましたが、雨が上がり路面が乾き始めた後半は、タイヤのスピニングに苦しんでペースを上げられませんでした。そのため、終盤にはバレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)に抜かれて3位という悔しいレースに終わりました。一方、今季初のPPから今季初優勝の期待が膨らんだペドロサは、序盤からタイヤのグリップに苦しんでペースが上がらず4位。Repsol Honda Teamとしては、今季もっとも厳しい結果となりました。難しいコンディション。厳しい結果に終わったフランスGP。中本修平HRCチーム代表に3日間の戦いをふり返ってもらいました[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る