[DUNLOP]MotoGP Rd.4 雨の中、ルティ選手が今季初優勝。首位のマルケス選手が転倒リタイアする

第4戦は、24時間レースが行われることで有名な、ル・マンで行われた。
ル・マンのサーキットは、ハードブレーキングポイント、スローコーナーなどがありタイヤへの負担が大きいコース。さらに毎年天気の変化に悩まされるサーキットでもある。
ダンロップは、低い気温に対応するソフトコンパウンドのリアタイヤと、広い気温に対応できるソフトめのタイヤを用意した。

初日は曇りだったが、2日の予選当日は、雨が降ったり止んだりの難しいコンディションとなった。
Moto2クラスの予選はハーフウェットで始まり、最後は再び雨が降り出すという状況で行われた。
首位に立つM・マルケス選手(SUTER)は、予選中にスリップダウンする場面もあったが、序盤に出したベストタイムで3連連続のポールポジションを獲得した。
「変な予選だったよ。雨が降ったり止んだりしていて、僕は最初のうちにタイムを出した。その後、ブレーキングミスで滑ってしまったけど。すぐにマシンを直してもらって、再スタートして速く走れたから、明日は自信あるよ」とマルケス選手。
続いて、T・ルティ選手(SUTER)が2位。
「大変な予選だったよ。いつ転倒してもおかしくない状況で、だから2位になれてよかったと思う」とルティ選手。
3位にP・エスパルガロ選手(KALEX)が入った。「厳しい状況だった。この様子だと明日も天気は分からないしハードなレースになりそうだね」とエスパルガロ選手。
また、高橋裕紀選手(SUTER)は20位。「昨日の走り出しはフィーリングがよかった。その後セッティングを変えたのがよくなったけど、修正すればよくなると思う」と高橋選手。
中上貴晶選手(KALEX)は25位につけた。
「かなり厳しい状況です。マシンに問題があって思ったように攻められない状況です。なんとか改善したい。あきらめずにがんばってレースを終えたいです」と中上選手。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る