[DUCATI] Moto3決勝 ロッシ、スリリングなバトルを制して2位表彰台、ヘイデンも6位入賞

ロードレース世界選手権(WGP)第4戦フランスGP Moto3決勝 ドゥカティチームのバレンティーノ・ロッシは、グリッド3列目からのスタート。ウェットコンディションの中で、エキサイティングでスリリングなバトルの主役を演じつつ、今季初表彰台となる2位でチェッカーを受けた。

チームメイトのニッキー・ヘイデンは、不運なスタートにもかかわらず、徐々にポジションを上げて6位でフィニッシュした。

7番グリッドについたロッシは、スタート良く飛び出して3周目には3番手にポジションを上げた。その後、アンドレア・ドビツィオーゾやカル・クラッチローと三つ巴の3位争いを展開。

ロッシは、しかし、残り7周目からペースを上げ、ファステスト・ラップを叩き出しながらケーシー・ストーナーとのギャップを徐々に詰め、ファイナルラップでついにオーバーテイク。

ウィナーのホルヘ・ロレンツォに次ぐ2位フィニッシュは、ロッシにとってドゥカティ移籍後のベストリザルトである。

ヘイデンは11番グリッドからのスタート。滑りやすいイン側グリッドからのスタートにより、激しいホイールスピンに見舞われたため、思いどおりのスタートにはならなかったものの、常に攻める気持ちを忘れず、今季最高位タイの6位でチェッカーを受けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る