[HONDA] MotoGP Rd.4 フランスGP 決勝結果

ストーナー開幕から4戦連続表彰台獲得となる3位。ペドロサ4位
ブラドルはベストリザルトの5位でフィニッシュ

第4戦フランスGP決勝は、今季初のウエットレースとなり、予選2番手のケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が3位、PPスタートのダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が4位、ルーキーのステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)が今季ベストリザルトとなる5位でチェッカーを受けました。

今年は、第2戦スペインGP、第3戦ポルトガルGPと不安定な天候が続いていますが、決勝レースはドライコンディションで行われてきました。
今大会は、金曜日と土曜日の午前中まではドライコンディションでしたが、土曜日の予選、決勝日のウオームアップ、そして決勝とウエットコンディションとなり、セットアップが難しい戦いとなりました。

予選2番手から決勝に挑んだストーナーは、オープニングラップ3番手。3周目にはチームメートのペドロサをかわして2番手に浮上しますが、首位を走るホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)には届かず、終盤にはバレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)にかわされて3位でフィニッシュしました。
この日は、雨量が多い中盤までは順調にラップを刻み、トップのロレンソとの差を着実に縮めました。雨が上がった後半は、スピニングに苦しみ、思ったようにペースを上げることができませんでしたが、開幕から4戦連続で表彰台に立つことに成功しました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る