[HONDA] MotoGP Rd.4 フランスGP 予選

ペドロサが今季初ポールポジション獲得
ストーナーが2番手と続き、Repsol Honda Teamが今季3勝目に向けて絶好のグリッドを獲得する

第4戦フランスGPの予選は、ウエットからドライへと変化する難しいコンディションとなり、セッション終盤に一気にタイムを上げたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が今季初ポールポジションを獲得しました。
セッション前半はレインタイヤを装着して全車がコースイン。
後半はスリックタイヤにチェンジ、目まぐるしくポジションを入れ替える激しいアタック合戦となり、ペドロサが見事、トップタイムをマークしました。ペドロサは、これで第2戦スペインGPから3戦連続でフロントローを獲得。今大会は今季初PPから今季初優勝を狙います。

2番手にはケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)。初日2回のフリー走行と、2日目午前中の3回目のフリー走行では、ライバルを圧倒する快走でトップタイムをマークしました。
予選でもセッション終盤に首位に浮上して、前戦ポルトガルGPから2戦連続PPに王手。
さらに、最後のアタックでタイム更新に挑みますが、コース上の渋滞に遭遇し、ベストタイム更新は果たせませんでした。
しかしフリー走行、予選と好調で、フランスGP2連覇と今季3勝目の期待が膨らむものとなり、決勝ではRepsol Honda Teamの今季初1‐2フィニッシュに注目が集まります。

初日4番手と好調だったアルバロ・バウティスタ(Team San Carlo Honda Gresini)は、前戦ポルトガルGPの6位をしのぐ今季ベストグリッドへの期待が膨らみましたが、最後のアタックで痛恨の転倒を喫し、8番手に終わりました。
転倒がなければ、セクション3まで自己ベストを更新していただけに、悔やまれるアタックとなりました。
今季、最も好調な走りを見せるバウティスタ。今大会は、3列目からの追い上げのレースに期待されます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る