[HONDA] MotoGP Rd.4 フランスGP 1日目フリー走行

ストーナーがトップタイム、ペドロサ2番手とRepsol Honda Teamが好調なスタート。バウティスタが今季ベストの4番手につける

第4戦フランスGPが18日、ル・マンのブガッティ・サーキットで開幕しました。初日は2回のフリー走行が行われ、ケーシー・ストーナーが午前、午後ともにトップタイムをマーク。
チームメートのダニ・ペドロサが2番手と続き、Repsol Honda Teamの両選手が初日から好調な走りを見せました。

第2戦スペインGP、第3戦ポルトガルGPと2連勝中のストーナーは、開幕前日に行われた恒例の会見で、今季を最後に引退することを表明しました。
しかし、「今シーズンは、これまで通り、優勝するためにレースを戦う。
110%以上の走りを見せる」と気合満点。
初日では、その言葉通りの快速ランを披露しました。昨年の大会ではポール・トゥ・ウイン。フランスGP2連覇を狙う今年は、初日のフリー走行でただひとり1分33秒台をマーク。
今季3勝目に向けて好調なスタートを切りました。

ル・マンのサーキットベストタイム(2008年)とレコードタイム(2011年)を持ち、このコースを得意とするペドロサが2番手と続きました。
午前中は、ストーナーと0.587秒差でしたが、午後の走行では、その差を0.265秒差に短縮。
土曜日の予選では、ストーナーとペドロサのポールポジション争いに注目が集まりそうです。

以下、3番手にホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)。
4番手にアルバロ・バウティスタ(Team San Carlo Honda Gresini)が続きました。
1回目のフリー走行で8番手だったバウティスタは、2回目のセッションでは約1秒、タイムを短縮して今季ベストリザルトの4番手。開幕から3戦、トップグループとの差を着実に縮めてきたバウティスタの予選、決勝での走りに注目されます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る