HONDA、「ベンリィ」「ベンリィプロ」「ベンリィ110」「ベンリィ110プロ」の改善対策

改善対策開始日:平成24年5月18日
【不具合の部位(部品名)】
車枠及び車体(サイドスタンドリターンスプリング)

【不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
サイドスタンドリターンスプリングの耐久性が不足しているため、サイドスタンドの繰返し操作により当該スプリングが折損するものがある。そのため、走行中にサイドスタンドが下がり、最悪の場合、路面に接地して転倒するおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、サイドスタンドリターンスプリングを対策品に交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

【リコール対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
●JBH-AA03 ベンリィ/ベンリィプロ
AA03-1000051〜AA03-1006116 平成23年 6月27日〜平成24年 3月16日 6,002台
●EBJ-JA09 ベンリィ110/ベンリィ110プロ
JA09-1000034〜JA09-1002326 平成23年11月 9日〜平成24年 4月23日 2,256台
(計2型式) (計4車種) (計8,258台)
(製作期間の全体の範囲)平成23年6月27日〜平成24年4月23日

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る