[HONDA]ARRC 開幕戦 マレーシア 清成龍一、初参戦で両ヒート2位獲得! アジアドリームカップで尾野弘樹がWウイン飾る!

アジアロードレース選手権は全6戦、同日開催で2レースが行われ、全12レースの総合ポイントでタイトルが決まります。第1戦はセパン・インターナショナル・サーキットで開催されました。今大会はMotoGPやF1で使用されるフルコースではなく、全長2.807kmの北トラックで行われました。

今年は、4月に主催者による合同事前テストを開催。清成は初参戦であり、チームとも初顔合わせ。これまで戦って来た全日本選手権、MotoGP、BSB、スーパーバイク世界選手権のキャリアを武器に挑むことになります。テストではじっくりとデータを蓄積、本番に備えていましたが、このレースウイークに新車が投入され、一からデータを積み上げていかなければならない事態となりました。また、今季からタイヤの使用制限が設けられ、レースウイークでトータル6セットとなったため、タイヤの投入の仕方などキャリアのあるチームが優位と見られています。

フリー走行では雷雨に見舞われ、ウエット路面が急激に乾いていくコンディション。そんな中、清成は驚異的な集中力で新車をセットアップし、予選では4番手につけました。

レース1は、藤原克昭(カワサキ)と清成の日本人勢、アズラン、ザムリ・ババ(ヤマハ)のマレーシア人勢が激しくつばぜり合いを行う展開となりました。中盤に清成はトップを奪う快走を見せますが、藤原との激しいバトルへと発展、最終的にレースを制したのは藤原でした。2位に0.233秒差で清成。3位に1.701秒差でアズランとなりました。

レース2、ホールショットを奪ったのは清成。それを追う藤原と、レース1同様に2人の戦いがレースをリードします。しかし、3ラップ目に多重クラッシュが発生し赤旗中断。8名のライダーがリタイアとなってしまい、再レースは16ラップに短縮され、11名のライダーで戦うことになりました。トップ争いは、藤原、清成、アズランの3人で激しい攻防が繰り広げられました。アズランは積極的に前に出ますが、レース1と同じく藤原が優勝、2位に清成、アズランが3位となりました。[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る