【MotoGP】裕紀・貴晶・謙汰 頂点を目指せ!

Vol.4 藤井謙汰・一歩一歩、前へ
今年からMotoGPに参戦を開始した藤井謙汰が、世界の最高峰で厳しい試練を経験しながら着実に経験を積み重ねています。昨シーズン全日本ロードレース選手権J-GP3クラスでチャンピオンを獲得した藤井は、Technomag-CIP-TSRからMoto3クラスに参戦。開幕前から、スペインのバレンシア・サーキットやヘレス・サーキットで精力的にテストを積み重ねてきました。

今シーズンがグランプリ初年度の藤井にとって、ほとんどのサーキットが初体験の場所になります。開幕戦カタールGPのロサイル・インターナショナル・サーキットもその1つでした。コースそのものが初体験であることに加え、この開幕戦はナイトレースという特殊な環境で行われます。フリープラクティス2回目を終えた順位は31番手、と苦しい順位につけていました。

「自分の中では攻めている感覚はあるのに、なぜこんなにタイムが出ないのかな。どうしてこんなにタイムが出ないのか、それを見極めないと……。初めてのコースで最初からあわせていく能力が、自分にはまだまだ足りないのだと思いました」[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る