[DUNLOP]JMX Rd.3 成田亮選手&ダンロップが3大会連続完全制覇!

今季第3戦の舞台は、広島県のグリーンパーク弘楽園。例年、ここを会場とした中国大会は、春と秋の年2回開催となっている。コースは、ハード路面で、幅が広めでストレートが長い高速レイアウト。今大会は土日とも晴天に恵まれ、このため各クラスの予選が行われた土曜日には、大量の土ボコリが舞った。しかし日曜日は、繰り返し行われた散水作業の結果、ホコリは大幅に減少した。

全日本最高峰のIA-1では、今季ここまで2大会4ヒートすべてのレースで、ダンロップタイヤを履く成田亮選手(#1)が1周目からトップに立つ展開で勝利。迎えた今大会決勝ヒート1でも、成田選手はホールショットを奪ってスタート直後からトップを走行した。レース中盤、成田選手はライバル数台のマークを許したが、一度もその座を明け渡すことなく周回を続け、レースは19周でチェッカーに。成田選手が僅差で逃げ切り、今季5勝目を挙げた。またこのレースでは、1周目3番手と好スタートを決めた北居良樹選手(#9)が6位入賞。地元大会となった島崎大祐選手(#52)は、1周目11番手から追い上げ8位でゴールした。[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る