[DUNLOP]JRR Rd.3 加賀山選手が2位表彰台を獲得

第2戦鈴鹿から約1カ月後、JSB1000クラスは3戦目を迎えた。
鈴鹿で表彰台3位に上がった加賀山就臣選手(スズキ)は、前週に筑波サーキットで事前テストをこなし第3戦に臨んだ。
土曜日に行われた予選は、ドライコンディションながら強風の中で行われた。
加賀山選手は徐々にタイムをつめていくと、終盤ベストタイムをマーク。残り1分で第2ヘアピン立ち上がりでスリップダウンしたがケガはなく、4番手で予選を終えた。
「事前テストで出た問題点をおさらいして、対策して今回に臨みましたが、まだセッティングがうまくいっていない。スライドコントロールが思ったようにできていない。最後の転倒は滑っただけで大したことはないです。これからスタッフと相談して、セッティングを詰めます。タイヤは2種類に絞っていて、明日のコンディションを見て、ダンロップさんと相談したりしながら最終的に決めます」と加賀山選手は語った。
また、今野由寛選手(スズキ)は8位3列目に並んだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る