[DUNLOP]JRR Rd.3 加賀山選手が2位表彰台を獲得

第2戦鈴鹿から約1カ月後、JSB1000クラスは3戦目を迎えた。
鈴鹿で表彰台3位に上がった加賀山就臣選手(スズキ)は、前週に筑波サーキットで事前テストをこなし第3戦に臨んだ。
土曜日に行われた予選は、ドライコンディションながら強風の中で行われた。
加賀山選手は徐々にタイムをつめていくと、終盤ベストタイムをマーク。残り1分で第2ヘアピン立ち上がりでスリップダウンしたがケガはなく、4番手で予選を終えた。
「事前テストで出た問題点をおさらいして、対策して今回に臨みましたが、まだセッティングがうまくいっていない。スライドコントロールが思ったようにできていない。最後の転倒は滑っただけで大したことはないです。これからスタッフと相談して、セッティングを詰めます。タイヤは2種類に絞っていて、明日のコンディションを見て、ダンロップさんと相談したりしながら最終的に決めます」と加賀山選手は語った。
また、今野由寛選手(スズキ)は8位3列目に並んだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る