[REPSOL]MotoGP Rd.3 ストーナーがエストリルで勝利、3試合連続表彰台

レプソルライダーはMOTO GPでまだ勝ったことがない唯一のサーキットで勝利し、選手権争いのトップに立った。ダニ・ペドロサは3位で、100回目の表彰台を達成した。

ケーシーストーナーはこのエストリルサーキットで初めて優勝した。彼のMOTOGPキャリアで唯一勝ったことがないサーキットだった。この結果、レプソルライダーが総合順位のトップに立ち、今年の連続表彰台を続けている。チームメイトのダニ・ペドロサは3位に入り、このポルトガルGPで選手権100回目の表彰台に立った。

レースはあわただしいファーストラップから始まった。ペドロサとストーナーがホームストレートの終わりでそれぞれ1-2位だった。ペドロサが一瞬リアタイヤのグリップを失い、3秒遅れをとった時、ストーナーが第一コーナーでチームメイトを外側から抜き、リードを奪った。ペドロサがクラッシュを回避できたことに安堵している間に、ホルヘ・ロレンソが順位を上げた。

一旦オープニングラップでのポジションが決まった後は、三人のリーダーの順位はレースが進んでもそのままだった。エストリルサーキットのチェッカーフラッグが振られるまで、残りの集団から逃げるように、ストーナー、ロレンソ、ペドロサは他との差を広げ、そして順位の変動は無かった。

ケーシーストーナーはMOTO GPでポルトガルのコースでの初勝利、チームメイトのダニ・ペドロサは3位でバレンティーノ・ロッシに次ぐ2番目の若さで100回目の表彰台ライダーとなる名誉を得た。レプソル・ホンダチームのライダーはこのように歴史的な週末を終えた。

◆コメント
◎ダニ・ペドロサ 3位
スタートから本当にタフだった。最初から最後までペースはとてもとても速かった。ケーシーは本当に素晴らしいレースをした。信じられないほど強かった。

初めのブレーキングポイントで大きくスライドしてしまい、ケーシーとホルヘに抜かれ、1周目に1.5秒失った。レース中にコーナー中盤でいくつかの問題があった。コーナースピードが速くなかった。周ごとにライディングスタイルやマッピングやブレーキを遅らせたり、何でもやってみて、少しでも良くなるようにしていた。ラップを上げるようにしたけど、差が縮まらなかった。

3戦全てで表彰台に立てた事は全体としてとてもいいけど、3レースでいくつかミスをしているので、次戦ではがんばるよ。

100回の表彰台については素晴らしいし、時が経つのがいかに早いかを見せられた。とてもうれしいし、チームとスポンサーに感謝したい、特に私のレースキャリア全てにおいて一緒にいるホンダに感謝したい。

◎ケーシー・ストーナー 優勝
僕らにとって最高の週末だった。今朝はかなり自信があったけど、少し心配でもあった。それは昨日の午後のFP3でとても似たセッティングだった時、温度が上がった状態ではバイクが少し悪かったから。

ウオームアップではチャタリングの大きな問題はなかったが、レース中に気温が上がった状態で僕らは苦しむ事になった。これがライディングをひじょうに困難にしていた。レース序盤には自信を持ってアタックしたが、チャタリングのせいでフロントタイヤが2度も切れ込んでしまった。

そのようになってから少しペースを落として、スムーズに走るようにしてホルヘとダニの前にいるようにしたけど、ホルヘが激しく近づいてきた。ペースを維持してミスをしないようにしなければならなかった。チャタリングの問題を減らすようにマッピングを変更していた。レース終盤に向けてどのように走ればいいか分かり始め、よりスムーズに乗ることができ、少しタイムアップ出来たので、最高の勝利を手に入れた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る