出かける前には最低限の点検を!

さて、いよいよゴールデンウィークに突入です!
皆さん、きっと今頃は楽しいツーリングのプランを立ててワクワクしていることでしょう。
 
でも、出かける前にちょっと心掛けてもらいたいことがあります。
それは「点検」です。

JAF(日本自動車連盟)が先日発表したデータによると、2011年度に出動したロードサービス出動件数は、ほぼ前年並みとなる258万2773件(前年比99.4%)ですが、4輪が251万4832件(前年比99.3%)と減少傾向であるのに対し、2輪は6万7941件(前年比102.0%)と増加傾向にあるそうです。絶対件数では2輪は少ないものの、注意は必要ですね。
 
ちなみに2輪・4輪も含めたトラブルの内容は、『過放電バッテリー』(いわゆるバッテリー上がり)が最も多く、『タイヤのパンク(バースト、エア圧不足含む)』、『キー閉じ込み』が続いているとのこと。また、昨年から増加した内容は『タイヤのパンク』、『落輪』、『破損バッテリー』、『スタータモータ』となっているそうです。
 
最近はクルマもバイクもメンテフリーになってきているので、ついつい「故障とは無縁」と油断してしまうケースも多いようです。
何を隠そう、実は私も先日、バッテリーを上げてしまったのです。といってもクルマの話です。取材の帰りに眠気をもよおしたので、駐車場に停めてひと休みのつもりが爆睡!
ハッと気付いたら、ヘッドライトを点けっぱなしで寝てしまっていました。
運よく通りかかったクルマに頼んで、ジャンプコードで復活を果たしましたが、もしバイクだったらそんな機材、普通は積んでいないですよね。
 
バイクの場合、FI車でも完全放電していなければ「押し掛け」ができますから、緊急事態に備えて日頃から自分のバイクで押し掛けスタートの練習をしておくのもいいかもしれません。
 
それ以前に一番確実なのは、日頃から定期点検を怠らず、出発前には運行前点検をすることでしょう。タイヤの状態や、ブレーキパッドの減りなども、チェックしてみてください。
それと、最低限の工具とパンク修理キットぐらいは携帯していくほうが安心です。
どうか、楽しい連休をお過ごしください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る