[HONDA]JMX Rd.2 開幕ウインの成田がホームでヒート1、2ともに優勝を飾る

全日本モトクロス選手権の今季第2戦は、埼玉県にあるオフロードヴィレッジで開催されました。このコースは、河川敷特有のフラットな土地に、数多くのタイトターンとバラエティ豊かなジャンプを配置した、スーパークロス風のレイアウトが特徴。幅が狭いセクションが多いため、パッシングポイントは少な目です。残念ながら、この週末は天候に恵まれず、特に決勝が行われた日曜日は、朝からどんよりと重たい雲が空を包み、気温も低め。午前11時ごろには、ついに小雨が降り始めました。しかし、降雨が本格的になったのは全クラスの決勝終了後。そのため、レースはドライコンディションで行われました。

●IA1(450/250)ヒート1

HondaファクトリーチームのTEAM HRCから参戦する成田亮が、最高のスタートダッシュで1周目からトップを走行。チームメートの平田優と小方誠は、平田が7番手、小方が9番手で1周目をクリアしました。レース序盤、成田は2番手を走る新井宏彰(カワサキ)との差を徐々に拡大。5周目までに、約5秒のアドバンテージを築きました。

一方の平田と小方は、2周目にそれぞれポジションを1つ上げると、平田はさらに次周、深谷広一 (TEAM.MOTO.SPORTS.FUKAYA)をパスして5番手に浮上。5周目には、5番手を走る稲垣佳樹(スズキ)に迫り、増田一将(Kazu Racing Project×WestWood)を含めた3台が、3番手争いを展開しました。

レース中盤、この集団から増田が後退し、平田は4番手に浮上すると、終盤まで稲垣を猛追。そしてレースが残り3周となった18周目、ついに3番手へと浮上しました。レースは、スタートから一度もトップの座を明け渡さなかった成田が独走で勝利。平田が3位に入賞し、表彰台に上がりました。増田は7位、小方は8位でゴールしました。

●IA1(450/250)ヒート2

成田はスタートでやや出遅れましたが、混戦の中で巧みに順位を上げて、再び1周目をトップでクリア。これに、小島庸平(スズキ)、田中教世(ヤマハ)、熱田孝高(スズキ)、小方、増田が続きました。平田はスタートに失敗し、1周目10番手からの追い上げを強いられました。2周目、小方は4番手、平田は8番手にポジションアップしました。

成田はレース序盤から快調な走りを見せ、3周目には後続との差を約4秒まで拡大します。2番手以下が9台の混戦となったこともあり、4周目にもさらに2秒近くアドバンテージを広げました。また、2番手集団では、5周目に熱田が2番手となって以降も接近戦が続けられ、レース後半を迎えました。

すでに十分なリードを築いた独走の成田に対し、2番手以降はレース時間が残り5分を切っても混戦のまま、熱田、小方、増田、新井、小島がし烈なバトルを繰り広げました。そして、最終ラップに増田が小方をパス。平田もこれに続き、増田が3位、平田が4位、小方が5位に入賞。勝利は成田が手にして、Hondaが2大会連続で完全勝利を達成しました。

●IA2(250/125)ヒート1

チームにとっても自身にとっても地元大会の星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)がトップ、所属チームの地元大会となる富田俊樹(T.E.SPORT)が3番手で1周目をクリア。4周目、富田は4番手に後退し、星野と三原拓也(カワサキ)、山本鯨(スズキ)と富田が、それぞれ接近戦を演じました。6周目、星野が2番手に後退すると、富田までの4台がトップ集団になりました。

レースが後半に入った15分過ぎ、星野は山本に抜かれて3番手に後退。レース終盤、富田は徐々に集団から遅れてしまい、トップ争いは3台に絞られました。すると、ラスト2分の段階で、星野が三原を抜いて2番手に浮上。さらに最終ラップには、首位に立ちました。しかしその後に山本の再逆転を許し、星野は2位でゴール。富田は4位に入賞しました。

●IA2(250/125)ヒート2

富田が好スタートを決め、オープニングラップをトップでクリア。星野はやや出遅れ、1周目7番手からの追い上げる展開となりました。3周目、富田は後続との差をやや拡大し、星野は5番手へとポジションアップ。3番手を走る田中雅己(TEAM ナカキホンダ)、4番手の三原と、接近戦を開始しました。ところが次周、星野と三原が接触。両者とも転倒しました。

このアクシデントにより、星野は7番手まで後退。レースが中盤に入った7周目、富田は山本に抜かれて2番手に後退し、星野は4番手までポジションを回復しました。9周目以降、星野と田中は3番手争いを展開。これを制した星野は、レース終盤に富田へと接近。最後は富田を抜き、星野が再び2位、富田が3位で表彰台に登壇。田中は終盤に転倒し、9位となりました。

■コメント
成田亮(IA1・優勝/優勝)
「ここは相性がとてもよく、勝利数が多いコースです。これまで本場アメリカのスーパークロスに参戦して培ってきた技術が、よく生かせるコースだと思います。しかし、それでも今大会にはかなりのプレッシャーを感じて臨みました。というのも、このコースにはHondaの開発施設や工場などが近くにたくさんあり、しかも年に一度の関東大会ということから、多くのHonda関係者が来場していました。そのため、絶対に勝たなければならないと思っていたからです。予選をトップで通過し、自分のスピードを確認して以降も、決勝でなにが起こるかわからないので、ヒート2で2度目のトップチェッカーを受けるまでは、安心できませんでした。勝てて本当にほっとしています。残り7大会でもすべて勝てるよう、努力を続けます」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る