Kawasaki、「ニンジャ 250R」「Ninja400R」のリコール

リコール開始日:平成24年4月20日

【不具合の部位】
乗車装置(後部座席用足かけ装置)

【不具合の内容】
リヤステップ(後部座席用足かけ装置)において、取付けピンの抜け止め用サークリップの強度が不足しているため、組み付け時にひび割れを生じるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、走行中の振動などによりサークリップが破損し、最悪の場合、取付けピンが抜け出してリヤステップが脱落するおそれがある。

【改善の内容】
全車両、サークリップを良品と交換する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
JBK-EX250K ニンジャ 250R
EX250K-A40180 〜 EX250K-A41414
平成23年12月12日 〜 平成23年12月27日 13台

EBL-ER400B Ninja400R
ER400B-A04965 〜 ER400B-A05502
平成23年10月26日 〜 平成23年11月8日 4台
(計2型式) (計2車種) (計17台)
(製作期間の全体の範囲)平成23年10月26日〜平成23年12月27日

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る