YAMAHA、「ジョグ CE50D/CE50ZR」「ビーノ XC50/XC50D/モルフェXC50D」のリコール

リコール開始日:平成 24年4月10日

【不具合の部位】
制動装置(ブレーキシュー)

【不具合の内容】
ドラム式の制動装置において、ブレーキシューの製造時の作業が不適切なため、ブレーキシューとライニングの接着が不十分なものがある。そのため、ブレーキ操作を繰り返すとライニングが剥がれ、制動時にドラムとシューの隙間に噛み込み、意図した以上の制動力が加わることがあるため、低速時に走行安定性を損なうおそれがある。

【改善の内容】
全車両、ブレーキシューの製造日を確認し、対象となるものは、[ブレーキシュー]一式を良品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.2921のステッカーを貼付する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
[JBH-SA39J]
ジョグCE50D SA39J-773177〜SA39J-773760
平成23年5月28日〜平成23年6月13日 584台[後輪]

ジョグCE50ZR SA39J-793993〜SA39J-794488
平成23年5月30日〜平成23年6月13日 496台[後輪]

[JBH-SA37J]
ビーノXC50 SA37J-460101〜SA37J-460324
平成23年6月3日〜平成23年6月20日 224台[前輪後輪]

ビーノXC50D SA37J-405770〜SA37J-406093
平成23年5月28日〜平成23年5月31日 324台[前輪後輪]

ビーノXC50D SA37J-470151〜SA37J-470450
平成23年6月13日〜平成23年6月15日 300台[前輪後輪]

ビーノモルフェXC50H SA37J-490151〜SA37J-490380
平成23年6月13日〜平成23年6月20日 230台[前輪後輪]

(計2型式) (計5車種)
(製作期間の全体の範囲)平成23年5月28日〜平成23年6月20日 (計2,158台)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る