2012 MotoGP 開幕!今年は面白いぞ!

いよいよ待ちに待ったロードレース世界選手権「MotoGP」が開幕! 第1戦カタールGPの戦いの火蓋が切って落とされた。すでに公式練習が開始され、8日(日)の決勝レースに向けて一気にテンションが高まっている。

この原稿を書いている金曜AMの段階で、1回目のフリー走行でトップに躍り出たのは、昨年度チャンピオンに輝くホンダのエース、ケーシー・ストーナーだ。シーズンオフのテストででも軒並みトップタイムを叩き出すなど好調ぶりが伝えられていたストーナー。やはりというか、前評判どおりの強さだが、昨年のようにレプソルホンダが圧倒的優位というわけでもないようだ。
2番手には昨年、ストーナーと頂上争いを演じたヤマハのホルへ・ロレンソが僅差で入り、続いてコンマ5秒差でドゥカティのニッキー・ヘイデン、ヤマハのベン・スピーズが後を追っている。ドゥカティ2年目での巻き返しが期待される偉大な王者、バレンチノ・ロッシは10番手とやや出遅れた感じだ。

今年はMotoGPが例年にも増して面白い。その理由はまず、レギュレーションが変更され、排気量の上限が昨年までの800ccから1000ccに量上げされたこと。
これにより、当然パワーは上がり最高速は伸びるが、その反面、重量アップも手伝い、ブレーキングとコーナリングが厳しくなるはずだ。そこを各メーカーが鎬を削る最先端テクノロジーと、世界最高のテクニックを持つライダーの腕によってどうカバーし、プラスに持っていくかが見所になるだろう。

もうひとつはCRT(クレイミング・ルール・チーム)の参加。これは市販車ベースのエンジンをオリジナルのシャーシに搭載したマシンで、いわばMoto2の1000cc版というか、WSB(スーパーバイク世界選手権)マシンの戦闘力をさらに究極まで高めたようなものだ。

気になる戦闘力だが、さすがに現状ではワークス勢やサテライトチームには割り込めていないものの、フリー走行1では13番手にアプリリアRSV4のエンジンを搭載する「アスパル」のランディ・ドプニエがトップから3.5秒差、サテライト後尾からは1秒差で追いかけている。続く14番手以降はBMW からS1000RRのエンジン供給を受ける「フォワード・レーシング」のコーリン・エドワーズ、CBR1000RRベースで臨む「グレシーニ」の新鋭、ミケーレ・ピロが熾烈なCRT勢トップ争いを展開している。
今年のMotoGPは、ひとつのカテゴリーに2つのクラスが混走しているような状態だが、それがかえって予想もしないドラマチックな展開を生むことになるだろう。

また、今年から従来の2スト125ccに替わり、4スト250ccエンジンを搭載するプロトタイプマシンで争われることになった新カテゴリーのMoto3クラスにも注目したい。
Moto3には期待の高校生ライダー、藤井謙汰がフル参戦するし、Moto2クラスの高橋祐紀、中上貴晶の調子も上向いてきている。世界に挑戦する若き日本人ライダーの活躍にも期待したい!

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[海外ニュース]
◆開幕戦カタールGP:プレスカンファレンス
https://news.webike.net/worldDetail.do?news_id=18765
◆ストーナーとペドロサは1‐5番時計を記録
https://news.webike.net/worldDetail.do?news_id=18775
◆ロレンソとスピースが初セッションで2番手と4番手
https://news.webike.net/worldDetail.do?news_id=18776

※外部リンク:motogp.com

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る