全日本ロードレース第1戦 J-GP3クラスで山本剛大選手が開幕戦を制す。

4月1日に開催された、全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦スーパーバイク in もてぎJ-GP3クラスにおいて、SHOEI契約ライダー 山本剛大選手が三つ巴の接戦を制し、開幕戦を勝利で飾り、また、今シーズンからサポートライダーに加わった國峰啄磨選手が同クラス3位に入賞を果たしました。

JSB1000クラスでは柳川明選手が3位に入賞し、J-GP2では約3年ぶりに全日本に復帰した渡辺一樹選手が2位に入賞を果たしました。

ご声援ありがとうございました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る