全日本ロードレース第1戦 J-GP3クラスで山本剛大選手が開幕戦を制す。

4月1日に開催された、全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦スーパーバイク in もてぎJ-GP3クラスにおいて、SHOEI契約ライダー 山本剛大選手が三つ巴の接戦を制し、開幕戦を勝利で飾り、また、今シーズンからサポートライダーに加わった國峰啄磨選手が同クラス3位に入賞を果たしました。

JSB1000クラスでは柳川明選手が3位に入賞し、J-GP2では約3年ぶりに全日本に復帰した渡辺一樹選手が2位に入賞を果たしました。

ご声援ありがとうございました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る