全日本ロードレース第1戦 J-GP3クラスで山本剛大選手が開幕戦を制す。

4月1日に開催された、全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦スーパーバイク in もてぎJ-GP3クラスにおいて、SHOEI契約ライダー 山本剛大選手が三つ巴の接戦を制し、開幕戦を勝利で飾り、また、今シーズンからサポートライダーに加わった國峰啄磨選手が同クラス3位に入賞を果たしました。

JSB1000クラスでは柳川明選手が3位に入賞し、J-GP2では約3年ぶりに全日本に復帰した渡辺一樹選手が2位に入賞を果たしました。

ご声援ありがとうございました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る