JRR Rd.1 ST600決勝レース タイ人パワーが炸裂し1-2 チャランポンが優勝!!

レース序盤から激しいトップ争いが繰り広げられたST600クラス。レース終盤には、デチャ・クライサー、チャランポン・ポラマイ、井筒仁康、渡辺一馬の4台にトップ争いが絞られる。
しかし、ラスト2周になると井筒、渡辺が遅れYamaha Thailand Racing Teamが1-2体制。チームメイト同士でのバトルは、最終ラップの90度コーナーでデチャをかわしたチャランポンが優勝。デチャが2位に入り上位を独占! 3位に井筒が入り、8年振りに表彰台に上がった。
以下、渡辺、佐藤裕児、岩崎哲朗、中冨伸一、横江竜司、ザムリ・ババ、津田拓也と続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る