JRR Rd.1 ST600決勝レース タイ人パワーが炸裂し1-2 チャランポンが優勝!!

レース序盤から激しいトップ争いが繰り広げられたST600クラス。レース終盤には、デチャ・クライサー、チャランポン・ポラマイ、井筒仁康、渡辺一馬の4台にトップ争いが絞られる。
しかし、ラスト2周になると井筒、渡辺が遅れYamaha Thailand Racing Teamが1-2体制。チームメイト同士でのバトルは、最終ラップの90度コーナーでデチャをかわしたチャランポンが優勝。デチャが2位に入り上位を独占! 3位に井筒が入り、8年振りに表彰台に上がった。
以下、渡辺、佐藤裕児、岩崎哲朗、中冨伸一、横江竜司、ザムリ・ババ、津田拓也と続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る