JRR Rd.1 ST600予選 井筒仁康が久々のポールポジション!!

ST600クラスは、渡辺一馬がセッションの序盤に1分55秒544でトップに立つ。金曜日のART走行で日本人ライダーのトップタイムの大崎誠之もタイムを徐々に上げ、渡辺と同じ55秒544で2番手につける。國川浩道、横江竜司と55秒台で続く。 しかし、残り5分を切った頃、セクションタイムでベストを更新してきたのが#77井筒仁康。井筒は55秒431をマークし、一気にトップに躍り出たのだ。結局その後このタイムを上回るライダーは現れず、井筒が2004年の最終戦以来、本当に久々にポールポジションを獲得した。2番手以下、渡辺、大崎、デチャ、横江、國川と続く。 事前テストから好調だったチャランポン・ポラマイはセッションの序盤に転倒。自力で走り出すが、55秒992で10番手、デチャ・クライサーも55秒651をマークするが4番手に留まった。 公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る