JRR Rd.1 J-GP3予選 長島哲太がクラス初ポールポジション!!

曇り空で激しい風が吹く中で始まったJ-GP3の予選セッション。序盤は山本剛大がトップ、賞典外参加の藤井謙汰が2番手に付け、両者がまず2分02秒台をマーク。それ以降にはルーキーの國峰啄磨、2011GP-MONOチャンピオンの長島哲太、森俊也ら。 中盤以降にはタイムアップするライダーが現れる中、長島が02秒台に入れて3番手に浮上すると、さらにタイムを削り、最終のアタックで2分01秒763のタイムでクラス初のポールポジションを獲得した。藤井も2分02秒253で2位に付け、山本が序盤にマークした2分02秒322で3番手に付けている。ここまでが02秒台。4位には#634の徳留 真紀、SRS-J(鈴鹿レーシングスクール)出身のルーキー佐野優人が5番手、國峰啄磨と続いた。 公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る