「自転車ツーキニスト」と共存していくためには

最近、エコブームや健康志向の高まりなどから自転車人気が高まっていますが、これに伴い事故も増えているそうです。そこでいま一度、自転車の交通ルールをしっかり確認しようという記事が先日、新聞に載っていました。
 
そう言われてみると、自宅近くの幹線道路でも“自転車ツーキニスト”が、急増してきた感じで、通勤時間などはクルマやバイクと入り乱れて激走している姿にヒヤヒヤさせられることもしばしばです。
 
記事によると、自転車は道路交通法上の車両であり、車道の左側を走ることが原則。歩道も一部通行可能だが、自転車通行可の標識がある歩道や、運転者が13歳未満か70歳以上など限られた場合としています。
ただ、現実はなかなかそううまくはいかず、歩道を暴走したり中には道路を逆走するケースなども多く見られるようです。

特に問題なのは、「左折専用レーン」のある交差点です。自分がバイクに乗っているとしましょう。
こちらは当然、左折しようとしますが、その左側を走る自転車は直進しようとする場合が多々あります。このとき、お互いの意志の疎通ができていないと、左折巻き込み事故になってしまう可能性大です。
 
新聞記事では自動車と自転車での例で、自転車の取るべき行動は2つとしています。
・ひとつは、左折レーンにいる自動車の右側に一旦つけ、青信号になったら道路脇に寄るように直進するパターン。
・もうひとつは、左折レーンにいる自動車と同様に一旦左折し、最寄りの横断歩道を渡り、元の道路へ戻るというパターン。
 
なんだか複雑ですね。
でも、考えてみると、ひとつめは自動車の右側へ一旦出る際に後続車とラインが交差する可能性がありますし、二つめは信号が存在しない横断歩道の場合、急に向きを変えると後続の左折車と接触する危険があり、いずれにしてもあまり現実的ではない気がします。
 
記事中でも、道路行政や信号システムの不備を指摘していますが、もともと運転特性や速度域の異なる自動車とバイクと自転車などが、同じ道路を一緒に走ること自体、無理があるのかもしれません。
そうであっても現状、事故を起こしてしまえばお互い不幸ですし、たとえ相手が交通違反をしていたとしても交通弱者であれば自分が不利になりかねません。
やはり一番大事なのは、自分が相手の立場になって考えること。思いやりの精神こそが事故を防ぐ切り札なのかもしれませんね。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る