「Webike Team Norick YAMAHA 」2012年体制発表

ウェビック チームノリック ヤマハは、2012年3月9日(金)「Webike Team Norick YAMAHA 2012年体制発表会」を、東京・世田谷にあるリバークレイン本社にて行いました。
全日本参戦3年目の今年は、昨年に引き続き全日本ロードレース選手権J-GP2クラスにライダー野左根航汰を率いて参戦いたします。
監督は阿部光雄、チーフメカニックに永安公造。今年より、メカニックアシスタントとして、TMC(東京モータースポーツカレッジ)の学生さん達が 加わり、運営サポートは引き続き株式会社リバークレインが執り行います。

マシンは「YZW-N6(YAMAHA YZF-R6改造)」。ゼッケンは昨年同様の「31」となります。
今シーズンはストックの車体を基本にした仕様で開幕を迎えますが、シーズン途中よりオリジナルフレームを投入予定です。
アルミ削り出しのメインフレームに、A-TECH製シート一体型のドライカーボン製リアフレームを備えています。まずはスイングアームを5月より 刷新し、6月以降メインフレームのテストを開始して、8月のもてぎ2&4での実戦デビューを目指しています。
オリジナルのニューマシンを見に、ぜひサーキットに足を運んでください。皆様の暖かい応援をお待ちしております!

「Webike TeamNorick YAMAHA」チーム概要

◆ チーム名 「ウェビック チームノリック ヤマハ」
◆ 参戦カテゴリ  MFJ全日本ロードレース選手権 J-GP2クラス
◆ チーム体制
・監  督 : 阿部 光雄
・ライダー : 野左根 航汰
・チーフメカニック : 永安 公造
・メカニック助手  : TMC(東京モータースポーツカレッジ)
◆ マシン YZW-N6(YAMAHA YZF-R6改造)
◆ テクニカルサポート ヤマハ発動機株式会社
NTS/A-TECH/ブリヂストン
◆ 運営サポート 株式会社リバークレイン

Webike Team Norick YAMAHA 監督 阿部光雄 コメント
2012年、Webike TeamNorick YAMAHA は、野左根航汰(16歳)を率いて、昨年に引き続き全日本ロードレース選手権J-GP2クラスへ参戦します。昨年より参戦したJ-GP2クラスは、野左根 にとって初めてのビックバイクでのレースとなりましたが、期待ほどの成長を促すことができず、年間ランキング7位で1年を終えました。

「ウェビック チーム ノリック ヤマハ」は、2012年を「結果」を求める1年と位置付けます。昨年お伝えした通り、2011年より開発に着手していたオリジナルフレームのマシンを 2012年夏、いよいよ実戦投入予定です。これによりマシンの大幅な戦闘力アップを図り、オフシーズンのテストでは、さらなる成長が伺えるライダー野左根 航汰の積極果敢なライディングで、J-GP2クラスでの「結果」を出す1年とします。

今年はJ-GP2の出場台数が増えると聞いており、今まで以上の激戦が予想されます。昨年の中上に追い付き、追い越せを合言葉に、ライダー野左根が世界を目指せるよう、チーム一丸となって頑張ります。今後とも、皆さまのご協力を宜しくお願い致します。

Webike TeamNorick YAMAHA ライダー 野左根 航汰 コメント
去年はランキング7位と思うような走りができませんでしたが、今年はJ-GP2のチャンピオンを目指して頑張ります。
今年の目標は、全戦全勝、そして中上選手のコースレコードを破ることです。
簡単に実現できる目標ではありませんが、目標を高くしていかないと世界GPで走ることは無理だと思っているので、しっかりと目標を達成できるように頑張ります。
2戦目以降、オリジナルパーツが投入され、3戦目からオリジナルマシンで走る予定なので、とても楽しみにしています。
冬の間はモトクロスやモタード、そしてJ−GP2のテストでかなり走りこみを行ったので、昨年よりも良い走りができると思います。
チャンピオン目指して頑張りますので、今年も応援よろしくお願いします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る