「KTM 690 DUKE」に新時代スポーツモデルの予感!

最近、KTMが頑張っている。つい先週もプレス向け試乗会が行われ「690DUKE」に試乗してきたのだが、これがイイ!
従来モデルはモタード的なデザインやツマ先ツンツンのシート高などにより、ある意味で“ライダーを選ぶ”バイクだったが、新型はぐっとデザインも洗練されてライポジも馴染みやすくなり、よりロードスポーツらしくなった。

これは昨年デビューして125スポーツブームを巻き起こした「125DUKE」や発売されたばかりの「200DUKE」とも共通する、新世代KTMストリートスポーツのアイデンティティとなるデザインである。KTMは従来のオフロード主体のイメージから脱却して、ロードモデルも含めたトータル的なスポーツモデルメーカーへと本格的に舵を切ったのだ。

「690DUKE」のエンジンは従来モデルを踏襲する水冷OHCシングルだが、ヘッドまわりを全面刷新してツインプラグ化やダイレクトイグニッション、フル・ドライブ・バイ・ワイヤーの導入により、見違えるほどパワフルかつスムーズなエンジン特性に生まれ変わった。特に高回転域での伸び切り感はOHCシングルとは思えないスムーズさで、思わずスロットルを開けている時間が長くなってしまうほど。

シャーシも独創的だ。クロモリ製のパイプを格子状に組んだKTM伝統のトラスフレームは一見従来どおりに思えるが、実はねじれ剛性を高めることで、オフロードモデルでも定評のある “しなやかさ”に加え、高速走行時のスタビリティとコーナリングでのカッチリ感が出てきた。さらにエンジン搭載位置を見直すことで、フロント荷重を稼ぎながら初期旋回で曲がっていく、ロードモデルらしい自然なハンドリングに仕上がっている。

特筆したいのはパワーと重量のバランスだ。70PSに149kmと聞くと、スペック的には大したことないように思えるかもしれないが、使い切れるエンジンと振り回せる車体がもたらす走りの気持ち良さは格別のものがある。自分の手の内にあるという開放感、道具を使いこなしている充実感。これぞ“スポーツ”の醍醐味ではなかろうか。
ハイスペックな大排気量スポーツにも心を奪われるが、もっとシンプルにプリミティブな部分で気負わずにスポーツマインドを堪能できるモデルを求めていたユーザーも多いのでは。そこにすんなりハマるのが「690DUKE」かもしれない。82万5000円という、国産400ccとさして変らぬ“勝負プライス”も大いに魅力的だ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[総合ニュース]
KTM、次世代の中核モデル「KTM 690 DUKE」発売
https://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=2069

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る