YAMAHA、「EC-03」のリコール

リコール開始日:平成 24年3月15日

【不具合の部位】
灯火装置(前照灯)

【不具合の内容】
前照灯において、ソケットコードに取り付けられているソケットカバーの仕様が不適切なため、前照灯が点灯すると、当該カバー内が高温になり、電気配線の絶縁被覆が溶損する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、電気配線の短絡によりヒューズが切れ、前照灯などの保安灯火器類が点灯しなくなるとともに警音器が鳴らなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、ソケットコード一式を対策品と交換するとともに前照灯バルブを新品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.2911のステッカーを貼付する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
ZAD-SY06J EC-03 SY06J-000026〜SY06J-002522
平成22年7月27日〜平成24年2月10日 2,481台
(計1型式) (計1車種) (計2,481台)
(製作期間の全体の範囲)平成22年7月27日〜平成24年2月10日

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  2. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXの試乗記事最終回は公道…
  4. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
ページ上部へ戻る