「大阪モーターサイクルショー2012」が今週末に開幕!

いよいよ今週末、3月16日(金)から3月18日(日)まで期間、「大阪モーターサイクルショー2012」がインテックス大阪2号館で開催される。
23日(金)から開催の「東京モーターサイクルショー」よりひと足早いスタートで、西日本のバイクファンにとっては見逃せない一大イベントだろう。

モーターサイクルショーの魅力は、なんといっても各メーカーの最新イヤーモデルが一堂に会すること。注目のモデルをまとめて、しかも実車でチェックできるのだ。
各メーカーブースには製品について解説してくれる担当者もいるので、興味のあるモデルについてはいろいろと質問してみるといい。カタログなどには書いていない情報なども聞けちゃうかも。映像と音楽でショーアップされたメーカーのステージを見るだけでも楽しいし、にこやかな笑顔と華やかなコスチュームで会場を彩るキャンペーンガールにも注目だ。

今回「大阪モーターサイクルショー2012」へは国産4メーカーの他、BMW、ドゥカティ、KTM、ハーレーダビットソン、インディアン、メガリ、SYMなどが出展する他、パーツやアクセサリー、ウェア関連も多数出展される。春のツーリングシーズンを前に注目アイテムをまとめてチェックする絶好の機会だ。

そして、ぜひおすすめしたいのが体験ゾーン。「2012ニューモデル体験試乗会」では各メーカーの最新モデルを一気乗りできるチャンスだ。ちなみにホンダから先日リリースされたばかりの話題のニューミッドコンセプト「NC700X」やヤマハ「VMAX」、BMW「S1000RR」なども試乗できる模様。ただし、先着順なので、トライしたい人は早めに受付を。併せて「電動バイク試乗会」では、国産電動ご三家のホンダ「EV-neo」、ヤマハ「EC-03」、スズキ「e-let’s」も体験できるので、ぜひこの機会にクリーンでエコな次世代モビリティにも触れていただきたいと思う。
詳しくは、下記ホームページでいますぐチェック!

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

◆外部リンク
「大阪モーターサイクルショー2012」公式ホームページ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol25
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る