[DUNLOP] AMA Rd.10 ウィンダムが今季初ポディアム!

デイトナ・バイク・ウィークの一環として、この地で初めてスーパークロスが開催されたのは、今から40年前の1972年のこと。以来、デイトナには「聖地」や「発祥の地」といった形容が冠せられ、別格の扱いを受けてきた。野球やフットボール用のスタジアムで開催される他のスーパークロスとは異なり、デイトナではトライオーバル型スピードウェイのコースとピットレーンの間に土を搬入し、人工的なセクションが造成される。

スーパークロスチャンピオンのリッキー・カーマイケルがコースをデザインしている点も、他のラウンドと異なる特徴だ。カーマイケルが担当になってから今年で5年目になるが、レイアウトは以前のデイトナよりもジャンピングスポットが増えてスタジアム的になってきている。中でも前後にきついジャンプを配した「ワニの穴」などは、難所として注目されていた。また、今年はピットレーンに土を盛ってスターティングゲートを設置。メインスタンドに向かってスタートが切られるレイアウトが好評だった。

フロリダ半島の東岸にあるデイトナは温暖なリゾート地だが、雨に翻弄されることも少なくない。過去にも伝説的なマディレースが行われてきたが、今年は前日と当日の断続的な降雨によって、コースが水浸しになってしまった。土質は概してサンドだが、ほぼ全周にわたってワダチだらけになり、部分的には水がたまって池になった難所も出現した。コンディションの悪化により、主催者はタイムスケジュールを変更。タイムドプラクティスが2回→1回、決勝レースは周回数が2割ショートカットされた[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る