ドゥカティ圧勝の「ベスト・モーターサイクル・オブ2012」で思う

ドゥカティの快進撃が続いている! といっても今回はレースではなく市販モデルの話だ。欧州でも権威あるドイツのモーターサイクル専門誌『Motorrad』が選ぶ「ベスト・モーターサイクル・オブ2012」において、ドゥカティが主要3部門でタイトルを獲得した。

最も注目される「ベスト・スポーツ・モーターサイクル」部門では、先頃、ワールド試乗会が開催され、世界中のプレス関係者から絶賛を浴びた、スーパーバイク1199パニガーレが全体の41.2%もの票を集めて断トツで受賞。ネイキッド部門では、ディアベル クロモがトライアンフ・スピード トリプルを抑えて「ベスト・ネイキッドモーターサイクル」賞を、「ベスト・オールラウンダー」にはムルティストラーダ1200Sツーリングが選ばれ2年連続の快挙となった。そして、『Motorrad』誌読者の77%の支持を受けたドゥカティは、アプリリアとMVアグスタを抑えて「ベスト・スポーツモーターサイクル・メーカー2012」にも輝くなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いである。    

でも、ドゥカティの何がそんなにいいのか?
私が思うに、それは圧倒的な「ワクワク感」ではないかと思う。量産2気筒史上最強の195psを発生するスーパークアドロエンジンをMotoGPマシン譲りのアルミモノコックフレームに搭載するパニガーレのスペックはもちろん刺激的だ。デザインも“スーパーモデル”のように美しい。でも、それだけではない。クルーザーの快適性を持ったスポーツモデルという新しいジャンルを切り開いたディアベル、そして、4つの異なるカテゴリーのメリットを1台に集約したムルティストラーダなどを見ても分かるように、今まで他メーカーがやらなかった新しいトライを果敢に続けているのが今のドゥカティだ。「スーパーバイク=レースでの実績」で成功してきた伝統にしがみつくことなく、自らの殻を破ろうとする意気込みが伝わってくる。その熱いパッションが、バイクを愛する人々のハートを射抜くのだ。
もうひとつ最近のドゥカティが変ったのは「扱いやすさ」を身につけてきたこと。ドゥカティが扱いやすい?と疑問を持つ人も多いだろうが、最近のボローニャ産の赤いマシンはかつてのじゃじゃ馬ではなく、とても素直でスマートに調教されているのだ。これは電子制御とディメンション等の解析技術の進化によるところが大きいと思う。つまり、“選ばれし者”でなくとも、誰もが楽しく乗りこなせるバイクになったわけだ。
ユーザーに支持されるということ。それが何よりも本物の証だと思う。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[総合ニュース]
ドゥカティ、ドイツの「ベスト・モーターサイクル・オブ2012」賞の主要3部門を受賞
https://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=2059

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る