ミクニ iBeat テリー&カリー・Projectμ7C HARC合同体制発表

ミクニ iBeat テリー&カリーとミクニとインジェクション開発を行ってきたProjectμ7C HARCが、共同で2月25日(土)に東京千代田区の株式会社ミクニ本社で2012年体制発表会を行った。

ミクニ iBeat テリー&カリーは、今年も昨年と同様、J-GP2クラスにGSX-R600で参戦。ライダーは星野知也となる。

「昨年の経験を生かし、このクラスでは前例のないミクニ製インジェクションシステムで技術力を高めながら最善を尽くします。またJ-GP3クラスには、7Cさんと一緒に開発してきた単気筒用FIを生かし、サポートしていきます」と高橋淳一郎監督。

7Cは、J-GP3クラスに仲城英幸、長島哲太、そしてスペイン選手権に渡辺陽向がフルエントリーする。

「今シーズンは、確たる結果を残すレースに執着して取り組んでいこうと思っています。他チームが撤退する中、プロトを走らせ続け、ミクニさんと一緒に開発してきたことが、昨年のNSF250Rにも生きていましたし、チームのマージンになりました。今年も手応えを感じていますので、同日に行われるスペインと全日本の開幕戦で勝利をつかみたいですね。そして、みんなで共有できるベースを作っていこうと思っています」と藤沢監督。

ミクニのインジェクションシステムでJ-GP2、J-GP3、そしてスペインのMoto3クラス王座を目指す。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る