[DUNLOP] AMA Rd.8 ダンジーが今季2勝目を挙げ、ビロポートを追撃開始!

アトランタはスーパークロスシリーズの中で最も観客動員数が多いラウンドだが、今年はついに7万人の大台を突破。チケットは売り切れ、満員御礼となる71,009人がジョージアドームに詰めかけた。興行面のみならず戦略的にもアトランタは重要な大会で、ここでの成否が東部シリーズの鍵を握り、最終的にチャンピオンの行方を左右するとまで言われている。

アトランタの土は有名なレッドクレイ(赤土)だが、コース造成時には水分含有量が多いためソフトで、コーナーやジャンプの飛び出しにワダチができやすいのが特徴だ。今年もプレスデー(木曜日)には路面がしっとりと湿っていたが、レースデー(土曜日)には乾いて硬化した部分が多く見受けられた。コース造りを担当するダートワークスが、予め搬入する土に混じった雪や霜などをバーナーであぶる工程を加えるようになったので、近年の屋内スタジアムの土質は以前よりもドライになっている。

コースレイアウト的には、長く深いサンドセクションがポイントだった。サンドの手前にはウォールと呼ばれる角度のきついジャンプがあり、プラクティスではここからサンドの中間地点付近まで飛ぶ試みも見られたが、着地点の荒れ方が定まらず危険なので、レースではウォールをあまり飛ばない走り方に落ち着いた。[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る