珠玉の3気筒マシン「F3セリエオロ」はこうして作られる!

今春発売予定のMVアグスタ最新モデル、F3のプレミアムバージョン「セリエオロ」のヴァレーゼ組立工場の映像がリリースされた。

F3はMVアグスタ初の直列3気筒675ccエンジンを搭載するスーパースポーツモデル。セリエオロ=Serie Oroとは直訳すると「ゴールドシリーズ」という意味で、直4モデルのF4にも存在したシリーズと同様、ゴールドカラーのアルミ鍛造ホイールや前後オーリンズサスペンション、ブレンボ製ラジアルマウント・モノブロックキャリパーなど、まさしく最高級の金ピカパーツで彩られている。

F3は、STDバージョンに先駆けて「世界限定200台」のみが特別オーダーにより販売されることになっているが、アートにも喩えられる珠玉の工業製品が熟練の職人の手によって組み上がっていく様子は、MVアグスタファンならずとも必見の価値ありだ。

映像からは、決して大きくはない工場内の様子や、流れ作業ではなく職人ひとりが多くのパートを担当する「セル方式」を取り入れていること、そこで働く人々の毅然とした誇りに満ちた表情も見てとれる。クライマックスはベンチテストのシーン。ぜひ直列3気筒が奏でるエレガントなサウンドに酔いしれてほしい。

気になる価格だが、限定モデルのセリエオロはさすがに315万円という高嶺だが、STDモデルは149万円と国産SS並みのプライスになっている。価格設定やスペック的に見てもトライアンフDAYTONA675の直接ライバルになることは必至であり、トリプル同士の対決にも注目したいところだ。

F3セリエオロは全国のMVアグスタ・ディーラーで予約受付中。日本初公開は3/22〜開催の「東京モーターサイクルショー」になる予定だ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[総合ニュース]F3 675 工場組み立て@ヴァレーゼ
hhttps://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=1947

「MV AGUSTA JAPAN」オフィシャルサイト
http://www.mv-agusta.jp

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る