SUZUKI、「スカイウェイブ250」シリーズのリコール

リコール開始日:平成24年2月3日

【不具合の部位(部品名)】
保安装置(制動灯スイッチ)

【不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
制動灯スイッチにおいて、内部の構造が不適切なため、制動操作時に接点を密着させるスプリングが通電することにより発熱し、スプリングが伸びる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、スプリングの張力が不足し、接点の密着力が低下することによる接触不良で制動灯が点灯しなくなり、最悪の場合、原動機の始動ができなくなるおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、当該スイッチを対策品と交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールまたは電話等で通知する。
・自動車分解整備事業者: 日整連の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo2892 のステッカーを貼付する。

【リコール対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
●スカイウェイブ JBK-CJ45A
CJ45A-108262〜CJ45A-108712 平成22年12月16日〜平成23年11月21日 451台
●スカイウェイブ JBK-CJ46A
CJ46A-111748〜CJ46A-114229 平成22年12月16日〜平成23年12月19日 2,383台
(計2型式) (計1車種) (計2,834台)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る