バイクライダーが被災地支援「愛のバトン」リレーで募金活動をしながら日本一周

全国のバイクライダーが東北被災地へ元気と募金を届けるプロジェクト「第1回 日本一周 One World バトンリレー」が1月17日、「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」からスタートしました。

同イベントは、バイクの機動力を生かした緊急援助隊「BERT(Bikers Emergency Response Team)」が主催しており、同組織は、日本出身者として初のWGP世界チャンピオンで神戸生まれのモーターサイクル・ロードレースライダー片山敬済さんが呼び掛け、昨年9月に発足。今話題のフェイスブックで自然発生的に生まれたプロジェクト「日本一周 One World バトンリレー(以後:One World)」は、わずかひと月あまりで120名を超えて集まったバイクライダーが主体となっています。

集まったライダーには、学生、大学教員、主婦といった一般の人達に加え、清水国明さん(タレント、国際Aライセンス選手)、木村東吉さん(モデル、エッセイスト)、片山敬済さん(WGP世界チャンピオン)といった往年の著名バイクライダーや、小林夕里子さん(フリーライター)、三好礼子(山村レイコ)さん(エッセイスト、パリ・ダカラリースト)といった現役著名アスリート等多彩な人達が自発的に参加を表明しており、現在は200人を超える注目のプロジェクトです。

初日の17日、東ルートを担当する製薬会社役員の腰山峰子さん、西ルートを担当する神戸情報大学院大学の福岡賢二副学長それぞれに、兵庫県庁職員の小山達也さんからバトンが手渡され2台のバイクがスタート。ここから全10本あるロット番号付き「愛のバトン」が分岐しながら全国各地を巡る旅が始まりました。

スタートライダーの福岡さんは、「この活動は、東北被災地に足を運べない人が地元にいながら支援ができる。点が線になりつながっていくことで一体感が生まれる」と言い、片山さんも「このバトンに、一人でも多くの人の思いを込めていただきたい。すでに海外でもバトンを回してほしいと待っている人がいる」と話しています。

日本国中の想いが込められた”愛のバトン”と募金活動を行い、3月11日には東日本大震災で大きく被災した東北三県(岩手、宮城、福嶋)を訪れる予定です。

そして再び雪解けを待って、北日本地域を目指して出発し、9月1日(防災の日)に東北3県を再訪することで、最終ゴールとなります。

このOne World現象ともいえるムーブメントの模様は、各参加者が思い思いにフェイスブック等のSNS、ツイッター、YouTubeといった、ソーシャルメディアを通じて、これからも、随時発信されることになっています。
「”日本一周”One World バトンリレー」のFacebookはこちら
BERTのFacebookはこちら

プロジェクトのリーダー的存在である片山敬済さんも、「興味のある方ならどなたでも、今からでも、ぜひ参加を!」とのこと。気になる方はぜひ下記に問い合わせてみればいかがでしょうか。

御賛同、御参加いただける方は、是非フェイスブックの「”日本一周”One World バトンリレー」まで御連絡を。
一緒に東日本、そして日本を元気にしましょう!

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る