新東名高速道路、開通プレイベント「ラストチャンス ウォークツアー in 新東名」を2/26(日)に開催!

NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)が進めている「新東名高速道路(御殿場JCTから三ケ日JCTまで162km)」は、日本の高速道路開通史上最長で、2012年初夏に開通が予定されています。

将来的には首都圏から名古屋を結ぶ第二の経路としての役割が期待されており、東西日本を繋ぐ新しい日本の大動脈として期待が高まっています。
さらに、開通区間にはサービスエリア6箇所、パーキングエリア7箇所の計13か所の施設が開業。各サービスエリア・パーキングエリアはご当地色豊かなコンセプトで一般道からも利用できるのが特徴です。

開通前の、この新東名高速道路を体験できる開通プレイベント「ラストチャンス ウォークツアー in 新東名」が開催されます。

■イベント名: 「ラストチャンス ウォークツアーin 新東名」
■日  時: 2012年2月26日(日) 9:30〜17:00(開催時間は予定)
■会  場: 新東名高速道路 
  新富士インターチェンジ(IC)〜駿河湾沼津サービスエリア(SA)のうち約10km
  ※荒天の場合は中止させていただきます。
■主 催 者: NEXCO中日本
■後  援: 静 岡 県
■協  賛: スズキ株式会社
■参加方法: 1月17日(火)に発表 →NEXCO中日本

高速道路を歩けるチャンスなんて、なかなかあるものではありません。今後、ツーリングの行き帰りなどに何度もお世話になるだろう新東名高速のウォーキング。一足お先に参加してみてはいかがでしょうか。

★その他のイベントはこちらのポータルサイトもチェック!
新東名開通記念関連イベントポータルサイト

さらに2012年初夏の御殿場JCT〜三ヶ日JCT間の開通に合わせ、サービスエリア6箇所、パーキングエリア7箇所の計13か所がオープンします。
ただの休憩場所ではなく、エンターテイメント性を付加した施設として、より多くのお客さまに目的地としてご利用いただけるようなスポットを目指すとしています。

中でも、バイク乗りの皆さんにとって注目なのが「清水パーキングエリア」
清水パーキングエリアは、「くるまライフ・コミュニティパーク」というコンセプトで、車・バイクを通じたライフスタイルを楽しむ人々の集いの場となることが期待されています。
外観のデザインは、車のガレージをイメージしたモダンなものが採用されており、衣料・雑貨のショップに加え、なんと「バイク用品店」がオープンを予定しています。

【清水PA コンセプト:くるまライフ・コミュニティーパーク】

◆清水PA ※上下線集約型                              清水PA 衣料・雑貨店(イメージ)

他の休憩施設でも、地元のグルメやリラクゼーション施設も充実している上に、全てのサービスエリアにシャワーやランドリーなどのドライバーズサポート施設も開設される予定となっており、夏のツーリングシーズンには、目的地としても、リフレッシュポイントとしても、大ブレークしそうです。

【駿河湾沼津SA コンセプト:リゾートマインド】
広域から「人・モノが集う港」をイメージし、女性を中心とした観光客がゆったりと過ごすことができる空間で上質なサービスが提供される。
※新東名で唯一のオーシャンビューエリア。上り線は地中海の港町をイメージさせる外観デザイン、下り線は海をイメージさせる外観デザインです。

駿河湾沼津SA(上り)〜港町のにぎわい〜                      駿河湾沼津SAフードコート

【静岡SA コンセプト:ハートフルオアシス】
地域に根付いた土地の恵み・味に出合う場の提供とともに、環境に配慮したエコメニューを総合的に取り入れたモデルエリアとして整備しています。

静岡SA(下り)

【藤枝PA コンセプト:みんなのポケットパーク】
平日は職業・商用ドライバーやビジネスマンへ、休日は一般のお客さまへ、みんなの手軽な憩いの場として、肩肘張らないくつろぎをご提供。ぷらっと寄って行こうというお店を展開します。

藤枝PA(上り)

【掛川PA コンセプト:職業・商業ドライバーの御用達】
職業・商業ドライバーの日常生活を支援する便利で快適なエリア。毎日の飲食・リラクゼーションに活用できる「リピート率の高い」施設、ぷらっと寄って行こうというお店の展開を目指しています。

掛川PA(下り)

【遠州森町PA コンセプト:東海道賑わい市】
東海道の中心に位置する宿場町イメージの「別世界」で、観光旅行のお土産選びに最適です。

【浜松SA コンセプト:音のある風景】
音楽の街「浜松」らしく、音をテーマにした演出やミュージアムでファミリー層を取り込み「思い出に残る旅と休憩」を提供します。
※ピアノをイメージした外観デザインで、テイクアウト店舗前にデッキを配置し、休憩スペースを設けています。また、ドッグランと一体的に利用できるドッグカフェを整備し、キッズコーナーも充実させます。

浜松SA(上り)

→新東名高速道路について(NEXCO中日本)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る