[YAMAHA]AMA Rd.1 スチュワート、2012年開幕戦アナハイムで6位

2012年AMAスーパークロス・シリーズが、満員の45,000人の観客を集めたロサンジェルスのアナハイム・スタジアムで開幕した。このレースでYZ450Fを駆ったジョー・ジブス・レーシングのJ・スチュワートは6位に入った。

元チャンピオンのスチュワートは、シーズン開幕戦で我慢の戦いを強いられた。2回目の予選で最速ラップをマークしたスチュワートだったが、20周で争われるメインイベントでは、スタートで出遅れ集団に飲み込まれ、ポールポジション獲得が無に帰してしまう。R・ビロポート(カワサキ)が独走する後方で、スチュワートは3位まで追い上げ、2010年チャンピオンのR・ダンジェイ(KTM)と激しいバトルを展開する。

ところがスチュワートはジャンプへのアプローチで小さなミスを冒しコースサイドの干し草バリア当たって転倒、マシンにダメージを与えてしまう。スチュワート自身もハンドルバーで腹部を強打したがそれ以外には問題はなく、ラジエターシュラウドを調整して再走を果たした。このアクシデントで順位を落としたスチュワートは、再び追い上げ、6位まで挽回したところでチェッカーフラッグを受けた。優勝はR・ビロポート。

R・モレイスとD・ミルサップスはそれぞれ15位と16位でレースを終えた。

第2戦は来週末の1月14日、フェニックスはチェイス・フィールドで開催される。

COMMENT
J・アルブレヒト、JGR/Toyota Yamahaチーム監督談

「ジェームスは今夜、とても忍耐強かった。スタートは最高ではなかったが、辛抱強く良い仕事をしてくれた。大きなリスクをおかすことなく前を行くライダーたちをとらえて行った。だが、今夜はコースが目まぐるしく変化したため、そこにはまって干し草のバリアに突っ込んでしまった。再走する際にラジエターシュラウドを失い、フロント部をひねってしまっていたが、それでも最善を尽くした。今日はついていなかったが、それでもスチュワートは6位を獲得。これはなかなか良い結果だ」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る