2012年1月1日から首都高距離別料金スタート!

平成23年12月31日までの首都高の基本料金は、普通車で東京線700円、神奈川線600円、埼玉線400円の3料金圏に分かれた「均一料金制」を採用してきました。平成24年1月1日から移行した距離別料金では、これまでの3料金圏を撤廃し、ご利用になられた「料金距離」に応じて基本料金が決まります。ETC車は、普通車で6km以下は500円、12km以下は600円、18km以下は700円、24km以下は800円、24kmを超えると上限の900円と、6kmごとに100円ずつ加算していく5段階の料金体系となります。(大型車の料金は普通車の2倍)

現金車は、普通車で900円をお支払いいただきます。
ただし、郊外方向の端末入口料金所では、ご利用が可能となる最遠出口等までの距離を「料金距離」とし、その「料金距離」に応じて500円から700円の基本料金をお支払いいただきます。(大型車の料金は普通車の2倍)

距離別料金検索
車種区分について
ETCについて
均一料金制における料金圏について(PDF/308KB)
※リンクは外部サイトへ遷移します。

これまでの均一料金と新しい距離別料金の主な変更点
・料金圏が撤廃される
・均一料金から「ご利用の分だけ」の距離別料金へ
・ETC車の基本料金は、下限500円(6km以下)から上限900円(24km超)の5段階
・ETC車は利用距離6kmごとに100円ずつ加算
・現金車の基本料金は900円(ただし、郊外方向の端末入口料金所では、ご利用が可能となる最遠出口等までの距離を「料金距離」とし、その「料金距離」に応じて500円から700円)

基本料金
ETC車の基本料金は以下の表のとおりです。

車種区分 料金距離(km)
0km〜6.0km以下 6.0km超〜12.0km以下 12.0km超〜18.0km以下 18.0km超〜24.0km以下 24.0km超
普通車 500円 600円 700円 800円 900円
大型車 1,000円 1,200円 1,400円 1,600円 1,800円

現金車の基本料金は普通車で900円になります。ただし、郊外方向の端末入口料金所では、ご利用が可能となる最遠出口等までの距離を「料金距離」とし、その「料金距離」に応じて500円から700円の基本料金となります。(大型車の料金は普通車の2倍)

詳細は首都高速道路株式会社ホームページをご参照ください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る