MotoGP 解説者・宮城 光のHonda MotoGP 2011シーズン分析

vol.4 激動の「800cc時代」をHondaはいかに戦い抜いたか
ケーシー・ストーナーがトップをひた走っていたヤマハのベン・スピーズをオーバーテイクし、わずかコンマ2秒差でトップチェッカーを受けるという、劇的な最終戦・最終ラップ・最終コーナーの攻防から早くも2ヶ月が過ぎようとしている。
今シーズンがケーシー・ストーナーによる「ライダーズタイトル」獲得、Hondaによる「コンストラクターズタイトル」獲得、レプソル・ホンダ・チームによる「チームタイトル」獲得という、Hondaのトリプルタイトル獲得という結果で幕を閉じたことはご存じの通りだろう。今回は2011年シーズンの締めくくりとして、5年に及ぶ「800cc時代」を振り返るとともに、来たる2012年シーズンに向けた展望などもお話ししてみたいと思う。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  4. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
ページ上部へ戻る