MotoGP 解説者・宮城 光のHonda MotoGP 2011シーズン分析

vol.4 激動の「800cc時代」をHondaはいかに戦い抜いたか
ケーシー・ストーナーがトップをひた走っていたヤマハのベン・スピーズをオーバーテイクし、わずかコンマ2秒差でトップチェッカーを受けるという、劇的な最終戦・最終ラップ・最終コーナーの攻防から早くも2ヶ月が過ぎようとしている。
今シーズンがケーシー・ストーナーによる「ライダーズタイトル」獲得、Hondaによる「コンストラクターズタイトル」獲得、レプソル・ホンダ・チームによる「チームタイトル」獲得という、Hondaのトリプルタイトル獲得という結果で幕を閉じたことはご存じの通りだろう。今回は2011年シーズンの締めくくりとして、5年に及ぶ「800cc時代」を振り返るとともに、来たる2012年シーズンに向けた展望などもお話ししてみたいと思う。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る