MotoGP 解説者・宮城 光のHonda MotoGP 2011シーズン分析

vol.4 激動の「800cc時代」をHondaはいかに戦い抜いたか
ケーシー・ストーナーがトップをひた走っていたヤマハのベン・スピーズをオーバーテイクし、わずかコンマ2秒差でトップチェッカーを受けるという、劇的な最終戦・最終ラップ・最終コーナーの攻防から早くも2ヶ月が過ぎようとしている。
今シーズンがケーシー・ストーナーによる「ライダーズタイトル」獲得、Hondaによる「コンストラクターズタイトル」獲得、レプソル・ホンダ・チームによる「チームタイトル」獲得という、Hondaのトリプルタイトル獲得という結果で幕を閉じたことはご存じの通りだろう。今回は2011年シーズンの締めくくりとして、5年に及ぶ「800cc時代」を振り返るとともに、来たる2012年シーズンに向けた展望などもお話ししてみたいと思う。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る