[YAMAHA] JMX Rd.9 成田亮選手が国際A級ヒート優勝で前人未到の「通算100勝」を達成!2011年IA1クラスのシリーズチャンピオン決定!

2011年11月6 日(日)に開催された全日本モトクロス選手権シリーズ・第9戦九州大会(熊本県)の第1ヒートにて、「YSP・レーシング・チーム・ウィズ・N.R.T.」の成田亮選手が優勝。国際A級クラスでのヒート優勝回数で全日本選手権では前人未到の自己通算100勝(国際A級125cc:5回、国際A級250cc/IA1:95回、ヤマハでは59勝)を達成しました。さらに第2ヒートでも優勝し、2011年のIA1クラスのシリーズチャンピオンを決定しました。

成田選手は、1995年に史上最年少(当時)で国際A級ライセンスを取得し、国際A級125ccクラス(現IA2クラス)に参戦を開始しました。この年5回のヒート優勝などでランキング2位を獲得すると、1996年から国内最高峰の国際A級250ccクラス(現IA1クラス)にステップアップ。最初の2年間は優勝できませんでしたが、1998年は序盤からコンスタントに上位入賞を重ね、第7戦の第2ヒートで初優勝。その後も着実に成長を重ね、2002年には7勝を挙げ初のチャンピオンとなると、それから3連覇を達成して、名実ともに国内トップライダーの地位を確立しました。

2005年は、世界トップクラスのライダーが集まるアメリカのAMA(スーパークロス/ナショナルモトクロス)に挑戦。2006年には全日本選手権に復帰し、この年はランキング2位となりましたが、2007年から成田選手にとって2度目となる3連覇を達成。2010年はシーズン終盤の怪我によりチャンピオンを獲得することはできませんでしたが8勝を挙げ、通算89勝でシーズンを終えました。

そして2011年は、序盤2戦で2勝を挙げたものの、この時点ではランキング2位。しかし、その後は第3・5戦で両ヒート優勝など快調に優勝を重ねます。さらにモトクロス世界選手権に参戦するGPライダー2人を迎えて開催された第8戦MFJGPでは、第1ヒートでこの2人を抑えて優勝して99勝まで記録を伸ばし、ランキングでもリードを開きます。そして迎えた第9戦九州大会、マディーの難しいコンディションのなか、第1ヒートを独走で優勝し、通算100勝を達成。その直後の第2ヒートでは、自身の記録を101勝へとのばすとともに、2011年のシリーズチャンピオンを決定しました。

なお、今シーズン9大会18ヒートにおける成田選手の成績は優勝12回、2位2回、3位1回、シリーズチャンピオンの獲得は通算7度目となります。

成田亮選手談
「今シーズンは、チャンピオンと100勝達成という2つの目標があり、正直とても大きなプレッシャーを感じながらシーズンを戦ってきたので、ようやくその重圧から解放されホッとしています。まず100勝ですが、1995年の初優勝がヤマハ、そして100勝目もヤマハという運命的なものを感じています。またうれしさはありますが、今思えば努力を怠った時期もあったので、もっと早く100勝を達成できただろうし、ひょっとすると世界に通用するライダーになれたかもしれないと、後悔みたいなものもあります。ただ、ここまで来たのはモトクロスが大好きだということ、また両親やスポンサー、そして多くのファンの支えがあったからだと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。チャンピオンについてはここで決まると思っていなかったので、あまり実感がありません。ただ昨年は怪我で悔しい思いをして、今年は絶対という気持ちが強かっただけにうれしさはひとしおです。もちろんこれで満足しているわけではなく、次の目標も見えています。それは国際A級チャンピオン通算10回への挑戦であり、これを達成するために優勝回数も150勝まで伸ばしたいと考えています。これからも多くの声援をよろしくお願いします」

中島雅彦談(ヤマハ発動機株式会社MC事業本部技術統括部MS開発部/部長)
「100勝達成、そしてチャンピオンの獲得おめでとうございます。1995年以来、17シーズンという長いキャリアのなかでは、様々な困難があったと思います。しかし成田選手がこれだけの勝利を重ねることができたのは、その才能に加え、継続的な努力、そして多くのサポートがあったからこそだと思います。また成田選手は8シーズン、当社のYZシリーズで参戦していますが、今シーズンを含めて4度のチャンピオンと60回のヒート優勝を獲得しており、微力ながら記録達成の後押しができたと感じています。今回、100勝達成という偉業に加え7度目のタイトル獲得を成し遂げた訳ですが、成田選手はこれからも日本のモーターサイクルスポーツを盛上げていくことができる貴重な人材です。今後も多くのファンを魅了し、現役ライダーをはじめ、子どもたちに夢や希望を与えられる存在として、さらなる活躍を期待したいと思います」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る