【MotoGP】宮城光の2011シーズン分析「激動の2011年シーズンからHondaが得たものとは何か」

今シーズンも、残すところ4戦となった。ポイントランキングではケーシー・ストーナーが284ポイントと、2位のホルヘ・ロレンソに44ポイント差をつけてトップに立っている。Hondaが2006年以来遠ざかってしまっている悲願の総合優勝が、いよいよ現実味を帯びてきたと言えるだろう。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る