TRUIMPH、「タイガー800/XC」のリコール(センタースタンドの固定用スプリング)

トライアンフジャパン株式会社(本社:東京都千代田区一番町CEO:デービッド・ブルーム/David Blume OBE)は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

センタースタンドの固定用スプリングに関するリコール(リコール届出番号 外-1780)

【不具合の内容】
用品設定しているセンタースタンドの固定用スプリングの設計が不適切なため、使用過程において伸びてしまい、元の長さに戻らず、センタースタンドを跳ね上げた状態に固定できなくなる場合があります。
そのため、そのままの状態で使用を続けると、走行中の振動によってセンタースタンドが降下して地面に接触し、バランスを失い転倒するおそれがあります。 トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。

【改善の内容】
対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて固定用スプリングを対策品に交換させていただきます。作業時間は約10分間です。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る