[HONDA] WMX Rd.14 ヨーロッパ バブリシェフが総合2位で再び表彰台に立つ

ドイツのガイドルフにある硬い土壌で難易度の高いコースが、2011年モトクロス世界選手権シリーズの最後から2番目の戦いの舞台となりました。曇り空のもと2万2000人の大観衆が見守る中、アントニオ・カイローリ(KTM)が今季6回目の総合優勝を飾り、3度目のMX1タイトル獲得を決めました。Honda World Motocross Teamは、ケガからの復帰戦となったロシア人ライダーのイブジェニー・バブリシェフが、第7戦ドイツでの初優勝に迫る活躍を見せ、今季6度目の表彰台獲得となる総合2位となりました。

シュトゥットガルトの北東に位置し、2005年以来の開催となるガイルドルフのコースには大きな変更が加えられました。数多くのシャープなターンやバンクのないコーナーが選手たちを待ち受け、ワダチの多いコンパクトなコースは、スリッピーで追い抜きの難しいものとなっていました。

先のベルギー選手権で首に負傷を負ったバブリシェフは、2週間にわたるメディカルチェックを経て、たった1回のGPの欠場だけでパドックへの復帰を果たしました。予防措置として首にギブスをしたバブリシェフは、すぐにペースをつかんで予選3番手を獲得。レース1ではすばらしいスタートを切って、 CRF450Rを優勝へと導きました。終盤にザビエ・ブーグ(カワサキ)のプレッシャーを受けたものの、今季3度目、7月のドイツGP以来のヒート優勝となりました。

レース2では、トップを行くクリストフ・ポールセル(カワサキ)の後方で、チャンピオンに輝いたカイローリと2位をかけて戦いましたが、残り10分でコースオフを喫して、グリーンのフェンスをリアホイールにからめてしまい大幅にペースダウン。リアブレーキを失い、疲れきったバブリシェフは、マシンを 8位に導くのがやっとの状態でした。

チームメートのルイ・ゴンカルベスは、ここ数週間のレースで限界まで攻めた際のスタミナ切れに苦しんできましたが、2度のトップ6フィニッシュで総合4位につけました。ポルトガル人のゴンカルベスは、このようなコースで重要となる好スタートを連発。レース1では、ラジエーターシュラウドを折ってしまい、左コーナーで問題が発生。レース2では小さな電気系のトラブルで3度にわたりストールしてしまいましたが、そんな逆境にもかかわらず6位/4位という結果を得ました。

LS Honda Racingのショーン・シンプソンは、チームメートでベルギー出身のケン・ド・ディッカーが首のケガで欠場しているため、今回も孤軍奮闘。スコットランド人のシンプソンは、土曜の予選ヒートでホールショットを奪うと、好走を見せて4番手を獲得。体力的にタフな戦いとなったレース1では11位でフィニッシュし、レース2ではシーズンベストに次ぐ7位でフィニッシュしました。

残る最終戦で得られるポイントは最大50。現在ランキング5位のバブリシェフは、4位のマックス・ナグル(KTM)と14ポイント差。6位には21 ポイント差でゴンカルベスが続いています。ド・ディッカーは欠場中ながらランキング10位をキープ、チームメートのシンプソンは14位につけています。

シーズン最終戦となる第15戦イタリアGPは、次週、険しい丘の中腹に造られたフェルモ・サーキットで開催されます。

コメント

イブジェニー・バブリシェフ (優勝/8位 総合2位)
「イギリスGPの前の金曜日に診断を受けたところ、6週間はマシンに乗れないと言われました。私はこれでシーズンが終わってしまうことを受け入れられず、ベルギーでセカンドオピニオンを受けました。医師は、骨はOKでレースができると言いました。どんなにジャンプしても大丈夫か確認したところ『問題ない』とのことでした。今週末は、いくつかの予防措置を取りましたが、うまくいったようです。難しいレースでしたが、レース1では持てるすべてを出せました。レース2では力が足りずいくつかミスしてしまい、コースオフした際にフェンスにヒットし、それ以降、リアブレーキが効かなくなってしまいました。その後エネルギーを失ってしまい、できうるかぎりのポジションでレースを終えるしかありませんでした。多くのライダーが負傷するシーズンとなっていますが、私は幸運にもここにいます。今できうるベストの方法でチャンピオンシップを終えたいです」

ルイ・ゴンカルベス (6位/4位 総合4位)
「おかしな日だったし、我々が抱えていたちょっとした問題で少しフラストレーションが溜まってしまいました。レース2では、マシンをストールさせてしまうまでボアシエール(ヤマハ)を捉えていました。そこで3つもポジションを落としてしまったので、再始動させなければなりませんでした。そこから追い上げたのですが、同じことがさらに2 度3度と起きました。レース1ではラジエーターシュラウドをワダチで引っかけて右後に曲げてしまい、コーナーでターンしにくくなってしまいました。ともあれ、2週間前のイギリスGPよりはよいレースでしたし、今は、一日一日をこなして私にできうる最良の形でシーズンを終えるまでです」

ショーン・シンプソン (11位/7位 総合10位)
「まずまずの週末でした。よかったことの1つは、土曜日に本当にいいスピードを見せられたことです。いいスタートを切ることができれば、上位での戦いを見せることができるでしょう。これはMX1クラスのキーポイントです。それ実現することは可能だと思いますが、現時点ではそれに足るスピードもパワーも持ち得ていません。今日は、2レースともいいスタートを切ることにトライしましたが、1度目はホイールスピンしすぎてしまいました。ライディングはひどくタイトになってしまいました。レオク(TM)が長い間後ろにいたのでイライラしてしまい、腕上がりを起こしてしまいました。レース2ではよりよいスタートを切り、4番手か5番手につけていたと思います。その後順位を落としてしまいましたが、7位という結果には満足しています。今日は本当に暑くて湿気が多かったです。来週末のラスト1戦に向けて、今季のベストレースにできるようトライしたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る