[YAMAHA] WSB Rd.10ドイツ E・ラバティーとM・メランドリが、対照的なコンディションで見事なレースを披露

第10戦ドイツ大会は、第1レースと第2レースの間でコンディションが激変。第2レースは路面を完全に濡らす雨のなかで行われた。ヤマハ・ワールドスーパーバイク・チームのM・メランドリとE・ラバティーは、ドライ・コンディションで行われた第1レースでそれぞれ2位と4位を獲得。序盤はふたりが3 位と4位を競い合う展開だったが、ラバティーが6ラップ目のウォーステイナー・ベンドでミスをしてはらみ、その間にメランドリが3位を確保。メランドリはさらに前を行く芳賀紀行をとらえて2位に浮上した。しかし2ラップ後の同じコーナーでメランドリが同じようなミスをして4位に後退。これで優勝争いからは遠ざかってしまったが、再度、追い上げを図り、ラバティーと芳賀を抜き返して16ラップ目には2位に返り咲いた。芳賀はその後もメランドリを追いかけたが、メランドリは最後まで懸命の守り切り、見事2位を獲得した。

第2レースは非常に難しいコンディション。メランドリはスタートで遅れて7位。一方のラバティーは4位につけた。激しい雨で視界が悪く、路面のグリップも低下。そのなかでファブリツィオ、トーズランド、アイチソン、カミエル、玉田、そしてレースリーダーの芳賀までもが転倒リタイア。ヤマハ・ワールドスーパーバイク・チームのふたりは、マシンをまっすぐに立てているのもやっとという状況をなかで、何とか走行を続けていた。このような厳しいコンディションにもかかわらず14ラップまでレッドフラッグは提示されず、ラバティーは5位、メランドリはそのすぐ後ろの6位を獲得してレースを終了した。

シリーズポイントでは、メランドリが合計302ポイントに伸ばしてランキング2位にジャンプアップ。ランキングトップのC・チェカを74ポイント差で追うこととなった。ランキング3位のM・ビアッジは怪我のため今日のレースを欠場していた。一方のラバティーは合計232ポイントでランキングトップの 4位をキープ。ふたりの活躍により、ヤマハはマニュファクチャラー・ランキングで2位をキープ。3位との差を15ポイントに拡大した。またヤマハ・ワールドスーパーバイク・チームはチーム・ランキングでトップに立っており、2位に99ポイントのアドバンテージを築いている。

COMMENT

M・メランドリ選手談(2位/6位)
「第1レースも決して楽ではなかったので、表彰台に上ることができてとてもうれしかった。スタートは良かったけれども序盤の2、3周であまりペースが上がらなくて、そのうちにブレーキングでミスをしてはらみ、順位を下げてしまったからだ。そのあとユージンをパスして、さらに芳賀も捉えることができたんだけれど、カルロスはすでに遠く離れていてとても届かなかった。チームが今回もとても頑張ってくれたので感謝しているよ。第2レースは、とにかく最後まで転倒せずに走り切ることを目指した。電子制御システムにすこし問題があってディスプレイがうまく働いていなかったこともあって、より一層注意を払いながら走っていたよ。このようなコンディションのなかでレースの3分の2まで続行するなんて、ライダーの安全性を考えれば判断ミスだと思う。本当なら序盤で中止にするべきで、このことについてはとても残念に思っているよ」

E・ラバティー選手談(4位/5位)
「ウイーク初日からずっとペースが良かったのに、第1レースは運がついてなかったよ。昨日までのようなフィーリングが得られなくなっていた上に、路面温度が低かったことでリアタイヤのグリップが上がらなかった。第2レースは最悪のコンディションで、安全性の面ではもっと早く終わりにするべきだったと思う。リーが転倒して復帰したあとから、路面にオイルが出ていたような感じがあったので、それでおそらくみんなが転倒してしまったのだと思う。誰も大きな怪我がなかったから良かったけれど、ライダーたちがリスクをおかさなければならなかったことは残念だ」

A・ドソーリ、ヤマハ・ワールドスーパーバイク・チーム・チームマネジャー談
「マルコは慣れないコースでとてもよく頑張った。その結果として表彰台を獲得したわけだが、8ラップ目のミスによってカルロスとの優勝争いから離脱してしまったことは残念だ。ユージンのほうも、本来のフルポテンシャルを発揮することはできなかったものの、十分に素晴らしい出来だった。昨日までならもっと良いフィーリングがつかめていたのだが。第2レースは非常にドラマティック。ライダーたちは安全の限界を超えて14ラップを走ったのだ。11ラップ目以降はさらに天候が悪化して、当然ながらリスクも高まった。このような状況のなかでふたりがしっかりと対応し、怪我をせず走りきってくれたのでほっとしている。しかも貴重なポイントまで獲得してくれた。今後我々は、ライダーの安全性を考えてこのようなリスクを回避する方法を見つけていかなければならない。ライダー、マニュファクチャラー両方のランキングで2位につけており、チームランキングでもアドバンテージを広げることができて満足している」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る