【SBK】5戦ぶり復帰のレイは9番手。代役参戦の玉田、どこまで追い上げるか

7月下旬の第9戦イギリス大会から1カ月間のサマーブレイクを終えて、第10戦ドイツ大会の予選が9月2日(金)と3日(土)の2日間、ニュルブルクリンクで行われました。今大会は、第6戦サンマリノ大会のウオームアップで転倒して右腕と左鎖骨などを骨折し、前大会まで欠場したジョナサン・レイ(Castrol Honda World Superbike Team)が4戦ぶりに復帰、第8戦チェコ大会の第1レースで転倒して足を負傷して以来欠場中のルーベン・チャウス(Castrol Honda World Superbike Team)の代役として、今年の鈴鹿8時間耐久レースで3位表彰台に立った玉田誠が出場します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る