【SBK】5戦ぶり復帰のレイは9番手。代役参戦の玉田、どこまで追い上げるか

7月下旬の第9戦イギリス大会から1カ月間のサマーブレイクを終えて、第10戦ドイツ大会の予選が9月2日(金)と3日(土)の2日間、ニュルブルクリンクで行われました。今大会は、第6戦サンマリノ大会のウオームアップで転倒して右腕と左鎖骨などを骨折し、前大会まで欠場したジョナサン・レイ(Castrol Honda World Superbike Team)が4戦ぶりに復帰、第8戦チェコ大会の第1レースで転倒して足を負傷して以来欠場中のルーベン・チャウス(Castrol Honda World Superbike Team)の代役として、今年の鈴鹿8時間耐久レースで3位表彰台に立った玉田誠が出場します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る