決勝終了後のコメント −ST600 CHALERMPOL POLAMAI選手(1位)

チームメイトにアクシデントが起きたことは残念だけれど、優勝できたことは、とてもうれしい。独自のトレーニングが実を結んだ形です。最終ラップに山口選手に仕掛けたのは予定通りで、うまく決まりました。日本で戦うのは難しいことですが、環境にも馴れたし、日本人の走りにも馴れてきました。第5戦の岡山国際にも出場予定です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る