決勝終了後のコメント −ST600 CHALERMPOL POLAMAI選手(1位)

チームメイトにアクシデントが起きたことは残念だけれど、優勝できたことは、とてもうれしい。独自のトレーニングが実を結んだ形です。最終ラップに山口選手に仕掛けたのは予定通りで、うまく決まりました。日本で戦うのは難しいことですが、環境にも馴れたし、日本人の走りにも馴れてきました。第5戦の岡山国際にも出場予定です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
  3. ユーザー:ninariさん 車種名:KAWASAKI エストレヤ 今回は、…
  4. Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介! 今…
ページ上部へ戻る