決勝終了後のコメント −ST600 CHALERMPOL POLAMAI選手(1位)

チームメイトにアクシデントが起きたことは残念だけれど、優勝できたことは、とてもうれしい。独自のトレーニングが実を結んだ形です。最終ラップに山口選手に仕掛けたのは予定通りで、うまく決まりました。日本で戦うのは難しいことですが、環境にも馴れたし、日本人の走りにも馴れてきました。第5戦の岡山国際にも出場予定です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る