ST600はアジアの2名を含みYAMAHA勢がトップ3を独占

第5戦SUGO 公式予選ST600

昨年のSUGO大会では決勝で1-3フィニッシュを決めたチャロンポン・ポラマイとデチャ・クライサルトが、今回の予選でも速さを見せた。セッション当初からトップに立ったチャロンポンは、セッションの終盤にもタイムを更新し、1分33秒552のタイムでポールポジションを獲得した。デチャも同時に 1分34秒205までタイムを更新しており、一時は1-2を占める。3番手には昨年もこのアジアンライダーたちとバトルを繰り広げた山口辰也がいたが、残り僅かのところで横江竜司が1分34秒187とデチャのタイムをクリアし2番手となり、結果YZF-R6がフロントロウを占めることとなったのだった。

USTREAMのライブはこちら
http://www.superbike.jp/information/2011/08/live.html

公式結果はMFJオンラインマガジンで
http://www.mfj.or.jp/user/contents/race_result2011/road_race/2011result/rd05/index.html

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る