#7 「MONSTER YAMAHA – YART」

2009年の世界耐久選手権でチャンピオンを獲得した私たちは、音楽の都・オーストリアはウィーンの南約150km、クルマで5分走ればスロベニアの国境というところに拠点があります。2001年にチームを立ち上げ、耐久や欧州ロードレース選手権で活動。監督のマンディ・カインツ(写真右から3人目)は、この20年で10,000台のヤマハバイクを販売したショップを経営しています。チームは2004年の8耐初参戦以降、連続で参戦し今年8回目。鈴鹿での最高成績は2009年の4位ですが、このときは3位と僅か1ラップの僅差でした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る