MVアグスタ、「F4-1000」2010年モデルをリコール

リコール開始日:平成23年6月30日

【不具合の部位】
リヤフレーム

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
リヤフレームにおいて、フロントフレームとの接続部付近の強度が不足しているため、走行振動等により当該部分に亀裂が入る場合がある。そのため、そのまま使用を続けると、最悪の場合、リヤフレームが折損するおそれがある。

【改善の内容】
全車両、リヤフレームを点検し、損傷が認められる場合はリヤフレームを新品と交換し、リヤフレームプレートを対策品に交換する。損傷がない場合は、リヤフレームプレートを対策品に交換する。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
MV AGUSTA ZCGF610 F4-1000 ZCGF610AAAV000333〜ZCGF610AAAV001669
平成22年3月19日〜平成22年12月16日 75台

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、今夏8月3日に日本公開予定の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の映画鑑…
  2. ※鈴鹿サーキット 公式サイトより抜粋 ジョナサン・レイ 3日目総合トップタイムを記録 K…
  3. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  4. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
ページ上部へ戻る